スポンサードリンク

【平井亜実】可愛いけどスイングは豪快!プロテストは5回目で合格!

スポーツ

2021年6月に行われた日本女子プロゴルフ協会のプロテストにおいて5回目の挑戦で合格を果たした平井亜実さんがスイングが豪快なのにかわいいと話題です。

平井亜実さんはプロテストの壁に阻まれる一方で、中国ツアーに参戦し、日本人として初めて優勝するなど確実に実績を積んできました。

ここでは、平井亜実さんの飛距離が出るスイング、ゴルフ経歴、プロテスト合格までの経緯などについて紹介します。

スポンサードリンク

平井亜実はドライバー飛距離と攻撃的なゴルフが魅力

平井亜実さんは女子プロゴルファーの中では小さい方ですが、ドライバーの飛距離が出ることが魅力で、得意なクラブもドライバーとのことです。

2015年にプロテスト会場で他の選手を指導していた浦大輔プロのコーチを受けています。

浦プロは身長約170cmですが、男子プロとしては決して恵まれているとはいえない体格で、米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を出せることを実証しています。

「かっ飛びゴルフ塾」を主催し、独自のスイング理論でyoutubeでもゴルフの学習動画を配信しています。

そのように飛距離にこだわりのあるコーチの指導を受けているので、亜実さんも飛距離を出せているのだと思いますが、女子ゴルフツアーでも飛距離のある選手は人気があるので楽しみですね。

コーチによると、亜実さんは攻撃的なゴルフが身上でピンをガンガン攻めていくタイプ、とのことですが、本人も、優勝を争うか予選落ちかという選手になりたいと語っているので、攻撃的なゴルフを見せてくれることは間違いないと思います。

飛距離の出る豪快なショットによる攻撃的なパフォーマンスを早く試合で見たいものですね。

平井亜実のスイング

平井亜実さんのインスタにスイング動画がありました。

体は小さいのですが、下半身が安定しているパワフルなスイングで、ヘッドスピードも速いことがわかります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平井亜実(@ami.h1996)がシェアした投稿

スポンサードリンク

平井亜実(ひらい あみ)のプロフィール

生年月日: 1996年9月27日(25歳)
出身地: 石川県野々市市
身長: 156cm
体重: 54kg
血液型: O型
出身校: 福井工業大学附属福井高等学校(福井県)
プロ転向: 2021年6月26日(93期生)
趣味: 映画鑑賞、犬と遊ぶこと

平井亜実がゴルフを始めたきかっけ

平井亜実さんがお父さんの影響で9歳から始めたといいます。

2008年、小学6年生の時に以下の大会で優勝しています。

  • 北陸ジュニアゴルフ選手権 高学年女子の部
  • 石川県小学生ゴルフ大会 高学年女子の部

2011年、中学3年生の時に以下の大会で優勝しています。

  • 北陸ジュニアゴルフ選手権
  • 石川県ジュニアゴルフ選手権

平井亜実の高校時代の活躍

平井亜実さんは福井工大福井高校に進学し、ゴルフ部に在籍しています。

福井工大福井高校ゴルフ部は、中部地方のゴルフ強豪校で、1年後輩には松田鈴英プロがいます。

2013年、高校1年生の時に「中部高等学校ゴルフ選手権春季大会」に優勝しています。

ゴルフ部ではキャプテンを務めましたが、2017年にプロテストに合格した立浦葉由乃プロは同じゴルフ部の同級生です。

プロテストの壁に4回阻まれる

平井亜実さんは、高校卒業後の2015年にプロテストを受験しますが、残念ながら合格することはできませんでした。

以後、2016年、2017年、2019年にもプロテストを受験しますが、最終プロテストの壁がどうしても突破できませんでした。

ゴルフサバイバルに出演

平井亜実さんは、2018年7月、BS日テレで放送の「ゴルフサバイバル」に出演しています。

この時はショートホールでニアピン賞を獲得しながらバーディーを取れず、パーで並んだ選手によるサドンデスのプレーオフになり、アプローチ勝負で失敗して脱落してしまいました。

番組のご意見番でコワモテの青山薫プロからの評価は高く、青山プロも残念そうな感じでの反省インタビューが印象的でした。

スポンサードリンク

国内ツアー制度変更のため中国ツアーに参戦

2019年に女子ツアーの制度が変更になり、プロテストに合格していない選手はツアー予選会(QT)に出場できなくなりました。

すでにプロとして活動している選手でもプロテストに合格していなければ試合への出場機会が推薦に限られて激減することになりますが、制度変更後にそのような選手が多数出る状況となりました。

そのため、国内のプロテスト未合格で海外ツアーに主戦場を移す選手も多くなり、それぞれ韓国ツアーや東南アジアツアー、中国ツアーなどの予選会(QT)を受けて参戦しました。

平井亜実さんもそのうちの一人で、2019年から中国女子ゴルフツアー(CLPGA)に参戦しました。

日本人として初めて中国ツアーで優勝!

中国ツアーの試合では現地のキャディは簡単な英語も通じないのでジェスチャーで意思疎通を図ったりと、苦労も少なくなかったといいます。

そんな苦労の中、平井亜実さんは中国ツアーでは6戦して3戦で予選を通過しています。

そして、「三菱重工オリエントマスターズ」で、日本人として初めて中国ツアーでの優勝を果たしました。

最終日は混戦の中、4mほどのパットを決めて抜け出したといいますから、メンタルも強いものがあると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平井亜実(@ami.h1996)がシェアした投稿

この後、中国ツアーでの実績に自信を得て、2019年のプロテストに臨むのですが、またも最終プロテストの壁に阻まれてしまいます。

それでも亜実さんは、去年の自分よりはうまくなっているとの確信から心が折れることはなかったといいます。

スポンサードリンク

5回目の挑戦で悲願のプロテストに合格!

平井亜実さんは、5回目の挑戦となる2020年度の最終プロテスト(2021年6月実施)で、初日に首位に立った勢いを維持し、6アンダーの11位タイで見事合格しました。

ここまで本当に長かったと思いますが、これで晴れてJLPGA会員としてツアーに参加できることになりました。

継続的にレギュラーツアーに参加するために、まずは参加できる試合でいい成績を残し、ツアー途中で何回か実施されるリランキングで上位に入ることが当面の目標になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

平井亜実(@ami.h1996)がシェアした投稿

プロテスト合格後の活躍

平井亜実さんのプロデビュー戦はプロテスト合格直後の7月1日開催の「資生堂 レディスオープン」でした。

悪天候のために2日に短縮された大会となりましたが、初日に首位と2打差の5アンダーの好スコアで10位タイと好調なスタートを切りました。

最終的には通算3アンダーの31位タイでしたが、デビュー戦でJLPGA会員プロとして初の賞金を手にしています。

今後の活躍を期待したいですね。

スポンサードリンク

まとめ

平井亜実さんは女子プロゴルファーの中では小柄ですが、ドライバー飛距離が出るのが魅力です。

2019年に中国女子ゴルフツアー(CLPGA)に参戦し、「三菱重工オリエントマスターズ」で、日本人として初めて中国ツアーでの優勝を果たしました。

2021年6月に行われた日本女子プロゴルフ協会のプロテストにおいて5回目の挑戦で合格しました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポーツ
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました