スポンサードリンク

【内田ことこ】インスタも可愛いけどプロテスト一発合格!中学・高校の実績は?

スポーツ

女子プロゴルファー・内田ことこさんは、高校を卒業したばかりで2021年6月に行われたプロテストで一発合格して話題となりました。

2022年3月開催の「Tポイント×ENEIOSゴルフトーナメント」では、怒涛の6連続バーディで一時単独トップに出て盛り上げてくれましたが、最終的に4位に入る活躍を見せてくれました。

ここでは、内田ことこさんのプロフィールやゴルフ経歴などについて紹介します。

スポンサードリンク

内田ことこのインスタの写真がかわいい

内田ことこさんのインスタにアップされた写真はまだ少ないのですが、2歳上でプロ同期の橋添穂プロとは気が合うようです。

インスタにかわいいツ-ショットがありました。

同姓同名の選手がいたために登録名をひらがなの「ことこ」に

内田ことこさんの本名は「内田琴子」ですが、選手登録名を「内田ことこ」にしています。

その理由は、なんとすでに同姓同名のプロ選手がいて、同一の登録名が認められないため、選手登録名をひらがなにしたといいます。

「内田琴子2」にする案もあったといいますが、どこか二番煎じのような感じがします。

ひらがなの名前はかえって見映えがよく、リーダーボードでもけっこう目立っていたので、「ことこ」でよかったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

内田ことこ(うちだ ことこ)のプロフィール

生年月日: 2002年10月4日(19歳)
出身地: 北海道南幌町
身長: 159cm
体重: 55kg
血液型: B型
出身校: 北海学園札幌高等学校
プロ転向: 2021年6月26日(93期生)
趣味: 買い物
所属: 加賀電子

内田ことこがゴルフを始めたきかっけ

内田ことこさんは、お父さんの影響で6歳、南幌町立南幌小学校1年生の時からゴルフを始めました。

7歳上でプロ86期生の山戸未夢プロの父でティーチングプロの山戸靖之氏に指導を受けているとのことです。

小学校高学年になる頃には北海道のトップジュニアへと成長しましたが、この頃にプロゴルファーになることを意識したといいます。

小学校5年生以降の主な成績は以下のとおりです。

  • 2013年(小学5年)北海道ジュニアゴルフ選手権 3位
  • 2014年(中学6年)北海道ジュニアゴルフ選手権 2位
  • 2014年(中学6年)北海道高等学校ゴルフ選手権大会 並びに 小・中学生大会 優勝

内田ことこの中学時代の活躍

中学は南幌町立南幌中学校に通学していましたが、北海道の大会では優勝や上位の常連になり、将来が期待される存在になっています。

中学時代の主な成績は以下のとおりです。

  • 2015年(中学1年)北海道高等学校ゴルフ選手権大会 並びに 小・中学生春季大会 優勝
  • 2016年(中学2年)北海道ジュニアゴルフ選手権 女子12~14歳の部 優勝
  • 2017年(中学3年)北海道女子アマチュアゴルフ選手権 2位
  • 2017年(中学3年)北海道ジュニアゴルフ選手権 女子12~14歳の部 2位

内田ことこの高校時代・卒業後の活躍

内田ことこさんは、中学卒業後、北海学園札幌高等学校に進学していますが、主な成績は以下のとおりです。

  • 2018年(高校1年)北海道女子アマチュアゴルフ選手権 優勝
  • 2019年(高校2年)北海道女子アマチュアゴルフ選手権 4位

2019年の「日本女子アマチュアゴルフ選手権」では、全国的な大会で初のトップ10入りとなる10位タイに入っています。

高校卒業前の2021年の2月からは単身で栃木県の東松苑ゴルフ倶楽部に住み込み、ゴルフ場の手伝いをしながら、練習やトレーニングに励んだといいます。

そして、同ゴルフ場に馴染みの深い中嶋常幸プロの合宿にも参加して鍛錬を続けたとのことですが、中島プロからいろいろアドバイスを受けたことでグリーン周りの技の視野が広がったそうです。

スポンサードリンク

2020年度のプロテストに一発合格

内田ことこさんは、2021年6月に行われた2020年度のプロテストに11アンダーの4位で見事一発合格を果たしました。

この時はまだ「内田琴子」です。

プロテスト合格後、2021年の活躍

内田ことこさんはプロテスト合格後、東松苑ゴルフ倶楽部から拠点を再び実家がある北海道に移し、プロテスト合格直後の7月に行われた「ニッポンハムレディスクラシック」で早くもプロとしてのレギュラーツアーデビューを飾りました。

2021年はレギュラーツアー4試合に出場しましたが、残念ながら全て予選通過はならず、さっそくプロの世界の洗礼を受けました。

一方、下部ツアーとなるステップアップツアーでは2試合に出場し、2試合とも予選を通過しています。

そして、2021年12月に行われた「JLPGA新人戦 加賀電子カップ」では、最終ホール終了時に4アンダーで桑木志帆選手と並びましたが、プレーオフで敗れて惜しくも2位となっています。

所属している加賀電子がスポンサーの大会だったので優勝したかったでしょうけれど、見事な戦いぶりでした。

同学年の桑木プロと健闘を称えあっています。

スポンサードリンク

女子ゴルフペアマッチ選手権シーズン7に出場

内田ことこさんは、新人戦でプレーオフを争った桑木志帆さんとペアを組んで「女子ゴルフペアマッチ選手権シーズン7」に出場しました。

2021年プロテスト合格の19歳若手コンビということでおおいに期待がもてました。

1回戦は順当に勝利しましたが、残念ながら2回戦で敗れました。

2022年のQT(予選会)では、内田プロ26位、桑木プロ13位と二人ともいい位置にいるのでレギュラーツアー出場で忙しいことと思いますが、ぜひ再度の挑戦を期待したいと思います。

2022年の活躍

内田ことこさんは、2022年のツアーにはQTランキング26位で臨んでいますが、この順位ならほとんどの試合に希望どおり出場できると思います。

そして、2022年3月、ツアー開幕から第3戦の「Tポイント×ENEIOSゴルフトーナメント」では初めてレギュラーツアー予選を突破し、4位に入る活躍を見せてくれました。

決勝最終日、怒涛の6連続バーディーで一時は単独トップに立ち、初の予選通過で初優勝か?と周囲をわかせましたが、残念ながら15番のティーショットがOBとなり、ちょうどその分の2打及びませんでした。

OBを出した後もピンチが続いたのですが、ズルズルと崩れずぐっと持ちこたえたのはさすがです。

目標は優勝とシード権獲得とのことですが、今後の活躍が期待されています。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました