肉野菜炒め

手抜き料理

肉野菜炒めは中華料理店の定番ですが、家庭料理でも定番です。
とにかく簡単にできるので手抜き料理の定番でもあります。
野菜を切って、肉といっしょに炒めればできます。
加える調味料の種類と比率が個人個人の工夫のしどころかもしれませんね。

材料(2人分)

豚肉(バラ):180g
にんじん:1/4
玉ねぎ:1/2個
オリーブオイル:適量

酒:大さじ2
みりん:大さじ2
醤油:大さじ2
オイスターソース:大さじ1

合せ調味料の作り方

炒め物に入れる調味料はとにかく、酒、みりん、醤油を合せるのが基本です。
これらを使う時は何も考えず1:1:1の比率で合せます。
これは和風煮物の黄金比率なんですが、炒め物でもいいんじゃないかと…
あまり調べてませんが、味的に特に不都合はありません。
オイスターソースは旨味が増す気がするので入れることが多いです。

酒、みりん、醤油、オイスターソースは先に合わせてカップなどに入れておきます。

作り方

豚肉は適当な大きさに切り、にんじんは小さめの短冊切り、玉ねぎは薄切りにします。

熱したフライパンにオリーブオイルを入れます。

最初に肉を入れて適当に塩・コショウをします。
次ににんじんを入れ、玉ねぎを入れます。

あとは肉と野菜にはそれなりに火が通るまで炒め、いいと思ったところでカップに合わせておいた酒、みりん、醤油、オイスターソースを入れてかき回し、ある程度調味料の味が行き渡ったら完成です。
本当に簡単です。

肉野菜炒めとは

肉野菜炒めは簡単にできて失敗もほとんどないので、手抜き料理としてはベストの部類になりますね。

また、炒め料理の基本がつまっていると思えるので、加える食材や調味料を自分なりに工夫することによって料理の幅が広がっていく料理でもあると思います。

もやしを入れてもいいし、にんにくの茎を入れてもいいし…

食材によって炒める時に出る水分の量が違うので、それに合わせて味付けも変えた方がおいしく食べられることもだんだんと学んでいくことができます。

初めて作った料理が肉野菜炒めでそれなりに食べられるものができると、なんというか自信につながります。

「なんだ。料理って思ったほど難しいものじゃないな。」

というような…

「切って、炒める」

ただそれだけのことなんですが、ここになかなかの料理のエッセンスがつまっていると、自称手抜き料理人は勝手に思っています。

手早く作りたくて、料理を考えるのも面倒だ…
という時に、肉野菜炒めは最適のレシピですね。

タイトルとURLをコピーしました