スポンサードリンク

【林菜乃子】ゴルフウェアも可愛い!インスタにはスイング動画も

スポーツ

2021年の第2戦「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」で林菜乃子選手が2日目終了時点で5位につけていますが、その姿がかわいいと話題です。

ここでは、林菜乃子さんのウェアやスイング、これまでの成績などについて紹介します。

林菜乃子はゴルフウェアもかわいい!

林菜乃子さんは、2021年からM・U SPORTS(M・Uスポーツ)とウェア契約を結んでいます。

M・U SPORTSは、キュートなデザインだけでなく非常にしっかりとし造りであることで、女性ゴルファーから根強い人気を誇るブランドです。

機能性に優れていて、シルエットも凄くきれいとのことでお気に入りのようですね。

スポンサードリンク

林菜乃子(はやし なのこ)のプロフィール

生年月日: 1997年5月17日(24歳)
出身地: 神奈川県湯河原町
身長: 155cm
体重: 51kg
血液型: O型
出身校: クラーク記念国際高等学校
プロ転向: 2018年7月28日(90期生)
趣味: 音楽鑑賞、ショッピング
所属: ユピテル

林菜乃子がゴルフを始めたきっかけ

林菜乃子さんは、父・光一さんの影響で6歳からゴルフを始めたとのことです。

小学校(吉浜小)に通っていた頃、お父さんがゴルフをしていたことがきっかけとなって小田原市のゴルフ教室に入り、ジュニア育成で定評のある三觜喜一さんに師事しています。

このゴルフ教室には小学6年まで在籍し、その後進学した中学校(湯河原中)では部活に入らずにゴルフに没頭したといいます。

とにかくゴルフにストイックに打ち込む生活で、進学する高校もこの方針で選択したようです。

林菜乃子の高校での活躍

林菜乃子さんはクラーク記念国際高校に進学していますが、ここは女優の北川景子さんや元AKB48の指原莉乃さんなど芸能人の卒業生が多い高校として知られています。

クラーク記念国際高校は、エベレストの登頂に3回成功したスキーヤーの三浦雄一郎さんが校長を務める高校で、通常の全日制の他、週に数日の通学や自宅学習をメインとした通信制のコースを選ぶこともできます。

プロゴルファーでは金田久美子選手、ささきしょうこ選手らが卒業生です。

この高校にはゴルフ部があり、ゴルフの甲子園に出場するほどの強豪校ですが、菜乃子さんは高校時代は個人戦のみで団体戦の戦績が見られないので、ゴルフ部に所属してはいないようです。

菜乃子さんは、週一回の通学(厚木キャンパス)の通信制コースで学び、残りの日は静岡の凾南(かんなみ)ゴルフ倶楽部で働きながら練習をしてプロを目指していたんですね。

ゴルフを続けていくにはやはりお金がかかるので、その費用を自分で捻出して取り組んでいたようです。

そんな日々の努力の成果もあり、高校時代に以下の大会に優勝しています。

  • 2013年、エリエールレディースアマチュアゴルフ選手権関東大会
  • 2014年、ゴルフダイジェストジャパンジュニアカップ 15-17歳の部
  • 2015年、ゴルフダイジェストジャパンジュニアカップ 15-17歳の部

ゴルフダイジェストジャパンジュニアカップは連続優勝ということですごいですね。

この他、優勝できなくても上位に入った試合ももちろん多数あります。

スポンサードリンク

1回目のプロテストは不合格

林菜乃子さんは、高校卒業後に受けた2016年のプロテストでは最終プロテストまで進出しましたが、通算1オーバーで一打及ばずに惜しくも合格を逃しています。

それでも、その後に行われた2017年のツアー出場権を争う最終予選会(ファイナルQT)で51位となり、2017年のレギュラーツアー出場のチャンスを得たのですが、ツアーでは初戦から予選落ちが続きます。

その状況をなんとか打開したいとの思いで、7月から「TEAM SERIZAWA(チームセリザワ)」に参加して芹澤信雄プロの指導を受けています。

結局、2017年は出場した18試合中17試合に予選落ちをするなど屈辱のシーズンに終わり、2018年は下部ツアーのステップアップツアーが主戦場となりました。

芹澤信雄プロの指導で心機一転!プロテストにも合格!

芹澤信雄プロはツアー優勝5回で、1996年の日本プロゴルフマッチプレー選手権を制しています。

過去にはテレビ東京でラウンドレッスン主体のゴルフ番組に出演しており、そのわかりやすい解説には定評がありました。

その後、「ゴルフを楽しみ、より人生を輝かせる!」をモットーに「TEAM SERIZAWA」を結成し、選手同士が互いに切磋琢磨しあうことによってレベルアップを図る他、ジュニアレッスン会を始めとした様々なゴルフイベントを開催するなど精力的に活動しています。

林菜乃子さんはそんなチームの一員となり、技術面だけでなく精神面でも刺激を受けながら励んでいるんですね。

2018年はステップ・アップ・ツアーで出だしの2試合こそ予選落ちしましたが、その後予選落ちはなく上位に食い込むなど着実にレベッルアップし、その勢いで受験した2018年のプロテストは通算1アンダーの14位タイで見事合格しています。

そして、プロテスト合格後の10月に行われたステップ・アップ・ツアー最終戦「京都レディースオープン」でプロ初優勝を果たしました。

2019年はQTランク44位で再びレギュラーツアーが主戦場となり、24試合中9試合で予選通過し、20位以内にも入っています。

2020年はステップ・アップ・ツアーでも2位に2回入り、レギュラーツアーの「アース・モンダミンカップ」でも10位タイに入るなど調子は確実に上向きになっているので、今後の活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク

林菜乃子のスイング

インスタにスイング動画がありました。

当初は、曲げたくないという一心からただボールに当てているだけのスイングになっていたところを芹沢プロの指導でスイング改造に取り組んだとのことです。

「体の回転を使い、上から球をとらえることのできるスイング」を意識しているとのことですが、確かに切り返しも鋭く思い切りよく振り切っている感じですね。

まとめ

林菜乃子さんは、M・U SPORTS(M・Uスポーツ)のウェアがかわいいと話題です。

高校卒業後に受験した2016年のプロテストに不合格となり、その後のツアーでも予選落ちが続くなど不振が続いていましたが、2017年7月から「チームセリザワ」に参加して芹澤信雄プロの指導を受け、スイング改造に取り組んでいます。

その効果は、2018年のプロテスト合格と下部ツアー優勝、2020年のレギュラーツアーでのトップ10入りなど着々と現れているので、今後の活躍がア楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました