スポンサードリンク

【馬場咲希】ウェアも可愛い!飛距離270ydスイング!国内試合出場やプロテストは?

スポーツ

2022年8月、高校2年の馬場咲希(ばば さき)さんが「全米女子アマチュアゴルフ選手権」に優勝したことが大きなニュースとなりました。

270ヤード超という飛距離のドライバーショットも注目されましたが、着こなしていたゴルフウェアもかわいいと評判です。

ここでは、馬場咲希さんのかわいいウェアや飛距離270yd超のスイング、今後の国内試合出場、プロテスト、ゴルフ経歴などについて紹介します。

馬場咲希はウェアもかわいい

馬場咲希さんは、1PIU1UGUALE3 GOLF(ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ ゴルフ)のゴルフウェアを着ていることが多く、このウェアがかわいいと評判です。

話題になった8月の全米女子アマ優勝時だけでなく、6月の全米女子オープンでもこのブランドのウェアを着ていました。

インスタによると、2022年6月時点で、Under Armour(アンダーアーマー)からウェアやシューズなどの提供も受けているようです。

ウェア契約があるかどうかは不明ですが、今後の Under Armour のかわいくてオシャレな着こなしも楽しみです。

スポンサードリンク

馬場咲希の飛距離270ヤード超のスイング

馬場咲希さんは、175cm・58kgのスリムな体から繰り出す飛距離270ヤード超のドライバーショットが魅力です。

大きなスイングアークを生み出しているのは一見してわかるとおり長い手足ですが、身長はこの1年で4cm伸び、まだまだ伸びそうとのことですから、さらなる飛距離アップが期待できそうです。

インスタに、2022年3月に行われた全国高等学校ゴルフ選手権春季大会の時のスイング動画がありました。

女子ゴルファーとしては浅くてとてもコンパクトなトップですが、ダウンスイングに入るとすさまじいスピードで一気にクラブを振り抜いているのがわかります。

この激しいスイングの動きを支える下半身の強さも相当なものを感じます。

ヘッドスピード50m/s超で飛距離300ヤード超!

馬場咲希さんがドライバー「NEXGEN NS201」の試打で、トラックマンによる計測でヘッドスピード50m/s超、飛距離300ヤード超をたたき出したという衝撃の動画があります。

普通に振ってもヘッドスピード49m/s前後で飛距離270~280ヤードの数字でしたが、ドラコン界のレジェンド安楽拓也プロのアドバイスで、スイングを変えずにイメージだけ変えたところ最後にはヘッドスピード50.3m/s、飛距離301.8ヤードを記録しています。

咲希さんのスイングを見て驚いた安楽プロが、翌日行われるJPDAドラコン大会に誘うくだりも面白いです。

スポンサードリンク

馬場咲希のスポンサー契約

2022年1月にゴルフのアマチュア規則が改定され、アマチュアのスポンサー契約が可能となり、馬場咲希さんのサポートには12社が名を連ねています。

ほとんどが大会限定のスポット契約で、リンガフランカサービス社だけが5年契約とのことです。

馬場咲希の2022年の活躍

馬場咲希さんは、2022年から主催者推薦を受け、選考会(マンデートーナメント)から国内女子レギュラーツアーへ挑戦しています。

推薦を受けた2試合でマンデートーナメントを通過し、本線でも決勝ラウンドに進んでいます。

3月に開催され、初参加のレギュラーツアーとなる「ヤマハレディースオープン葛城」では、通算10オーバーで58位タイ。

5月に開催された「ブリヂストンレディスオープン」では、通算イーブンで28位タイに入り、ベストアマを獲得しています。

全米女子オープンで予選通過!

6月に開催された「全米女子オープン」では、日本人アマチュア選手として8年ぶりの予選通過を果たし、49位タイとなりました。

注目の飛距離ですが、3日目のドライビングディスタンスでフィールド14位の272.7ydを記録しています。

試合が続く中で体重が落ちて本来の調子ではなかったといいますが、それでこの飛距離とはすごいの一言です。

全米女子アマチュアゴルフ選手権優勝!

馬場咲希さんは、2022年8月、高校2年で全米女子アマチュアゴルフ選手権で見事優勝を果たしました。

1985年の服部道子さん(当時16歳)以来、日本勢として37年ぶりの優勝とのことです。

7月に行われた全米女子ジュニア選手権ではマッチプレー2回戦で敗れましたが、素晴らしい形でアメリカでのリベンジを果たしたことになります。

36ホールの試合で、準決勝は6ホール残して7アンド6、決勝は9ホール残して11アンド9、ともに大差の圧勝でした。

全米女子アマ以降の国内ツアーへの出場はいつ?

アマチュア選手の場合、主催者推薦で1シーズン8試合までレギュラーツアーへの出場が可能ですが、馬場咲希さんは今季すでに2試合に出場しているので、残り6試合への出場が可能ということになります。

2022年8月末にはフランスで開催される世界女子アマチュアチーム選手権に日本代表として出場するので、日本女子ツアーへの出場は、9月16日開催の「住友生命レディース東海クラシック」となるようです。

また、国内メジャー大会の「日本女子オープン」には特別承認で出場する可能性が高いとのことですが、これは主催者推薦者枠と別枠になるようなので、さらにレギュラーツアーへの出場チャンスは多くなると思います。

何より270ヤード超のドライバーショットに注目が集まると思いますが、活躍が楽しみです。

プロテスト受験は?

馬場咲希さんは、高校3年となる2023年にはプロテストを受験できるようになり、受験予定とのことです。

ただ、その前にレギュラーツアーで優勝すれば、テスト免除でJLPGA正会員プロになる道もあります。

そうなれば、2019年の古江彩佳プロ以来の快挙となりますが、ぜひがんばってほしいですね。

スポンサードリンク

馬場咲希(ばば さき)のプロフィール

生年月日:  2005年4月25日(17歳)
出身地: 東京都日野市
身長: 175cm
体重: 58kg
血液型: B型
出身校: 代々木高校在学中

馬場咲希さんは、名前の頭1字を置き換えて「てばさき(手羽先)」というニックネームで呼ばれているそうです。

インスタグラムの不思議な?アカウント名「teba_.425」はニックネームにちなんだものとのことです。

馬場咲希がゴルフを始めたきっかけ

馬場咲希さんは、父・哲也さんの勧めで5歳からゴルフを始めたといいます。

勧めるきっかけとなったのは、東京都昭島市にある昭和の森ゴルフレンジで、当時小学高学年だった菅沼菜々プロとその父親が練習に取り組む光景を哲也さんが見たことだそうです。

咲希さんは姉と妹2人の4姉妹で、今もゴルフをしているのは次女の咲希さんだけとのことですが、小学4年生の頃からプロゴルファーになりたいと思っていたそうです。

馬場咲希の中学時代の活躍

通学した日野市立日野第一中学校にゴルフ部がなかったため、陸上部に入部したそうです。

中学時代の主な戦績は以下のとおりです。

  • 2018年(中学1年)東京都ジュニアゴルフ選手権女子12~14歳の部 優勝
  • 2019年(中学2年)関東ジュニアゴルフ選手権 女子12~14歳の部 優勝
  • 2020年(中学3年)PGSチャリティー東日本スクラッチゴルフ選手権 優勝

馬場咲希の高校時代の活躍

馬場咲希さんは、茨城県にある日本ウェルネス高校に進学してゴルフ部に所属しましたが、主な戦績は以下のとおりです。

  • 2021年(高校1年)茨城県高等学校ゴルフ選手権 3位タイ
  • 2021年(高校1年)東日本女子アマチュアゴルファーズ選手権 2位
  • 2021年(高校1年)東京都女子アマチュアゴルフ選手権 優勝
  • 2022年(高校1年)全国高等学校ゴルフ選手権春季大会 3位タイ
  • 2022年(高校2年)関東女子ゴルフ選手権 優勝
  • 2022年(高校2年)日本女子アマチュアゴルフ選手権 9位タイ
  • 2022年(高校2年)全米女子オープン 49位タイ
  • 2022年(高校2年)全米女子アマチュアゴルフ選手権 優勝

2022年ナショナルチームのメンバーとしても活躍しています。

全米女子アマ優勝によって出場できる試合が多くなったこともあり、日々の練習や登校のことも考えて、2022年9月、東京・日野市の自宅から通いやすい代々木高校(東京)に転校しました。

同校は笹生優花プロ、男子の世界アマチュアランキング1位の中島啓太などを輩出したことで知られており、通信課程で学んでいますが、ゴルフ部には在籍していないとのことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポーツ
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました