小祝さくらの母親・父親は?韓国籍という噂の真偽は?

スポーツ
小祝さくらさんが本日のゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントで優勝!
17アンダーのコースレコードで2位に6打差をつけての圧勝でツアー2勝目です。
終始落ち着いたプレーで貫録さえ感じられましたね。

ここのところ優勝争いに顔を見せることが多くなった小祝さくらさんですが、女子ゴルフ界において、渋野日向子プロ、畑岡奈紗プロらと並ぶ「黄金世代」として、ここにきて知名度はグンとアップしています。

小祝さくら(こいわい さくら)のプロフィール

生年月日:1998年4月15日(22歳)
出身地:北海道北広島市
出身校。飛鳥未来高等学校
身長:158cm
体重:58kg
血液:型 A型
趣味:音楽、ライブ、食べること
プロ転向:2017年7月29日LPGA入会(89期生)
所属:ニトリ

スポンサードリンク

小祝さくらの韓国籍という噂は?

お母さんがシングルマザーであることは周知の事実です。
父親の情報がないのが多少気にはなりますが、韓国籍はおそらくデマ情報だと思われます。

切れ長の目のあたりが韓国美人を思わせるような雰囲気があるからそういう情報が流れたのかもしれませんが、後で述べる生い立ちなどを見るとそんな疑惑などどうでもいいことに思えてしまいます。

小祝さくらは運動音痴だった?

小祝さくらさんは自他ともに認める「運動音痴」とのことです。
体を動かすこと、特に走ることが苦手らしいですね。

小学生の時、習っていたダンスを半年でやめたということなんですが、始めてはみたものの思いどおりに体が動かずにつまらなくなったということなんでしょうか。
フェアウェイで堂々とプレーする今の姿からは想像できませんね。

でも、8歳で始めたゴルフではめきめきと上達したということなので、本当の運動音痴ではなく、単に合うスポーツに巡り合っていなかったというだけのことかもしれませんね。

小祝さくらの母はどんな人?

シングルマザーのひとみさんは、札幌郊外のスナックで深夜まで働きながら、さくらさんと弟の歩夢くんを育ててきたとのことです。

かなり苦労をして二人の子供を育てたようで、そのために親子の絆はとても強いものがあるんですね。

さくらさんがまだ小学生の頃、お母さんは宮里藍選手の熱心なファンで、休日にはゴルフのレッスンにも通っていたようです。
商売柄かもしれませんが、スナックのお客さんとフェアウェイに出ることもあったのかもしれませんね。

小祝さくらがゴルフを始めたきっかけは?

8歳の時、当時ゴルフを習っていたお母さんといっしょにできたらと思い始めたそうです。

多忙でいっしょにいられる時間も限られていたお母さんと休みの日くらいは一緒に過ごせるようにしたかったということのようです。

きっかけはそういうことだったのですが、その後さくらさんはゴルフにのめり込み、すごい勢いで上達していったようですね。

小祝さくらは苦労してゴルフを続けた

札幌市内にある通信制高校に入学したさくらさんは、家にお金を入れるために練習場として利用していたゴルフ場でアルバイトを始めたとのことです。

週に4回出勤し、朝6時から15時までの仕事が終わると空いたコースを使って練習するという毎日を送っていたようです。

母子家庭であまり裕福でない家庭環境だったこともあり、さくらさんにはゴルフのプロになって稼いで少しでも母に楽をさせたいという思いがあったようです。

そんな強い意思もあったためだと思いますが、中学、高校時代は北海道内のゴルフ大会で連戦連勝、まさに敵なしの状態だったようです。

スポンサードリンク

小祝さくらのプロ入り後の成績は?初優勝は?

その後、2016年の「ニッポンハムレディスクラシック」でアマチュアでありながら最終日を首位タイで迎えて優勝争いに加わったことで知名度がアップしました。

高校卒業後の2017年のプロテストに合格し、翌年13試合でトップ10入りして初シードを獲得し、早くも優勝が期待される若手として頭角を現しています。

そして、2019年「サマンサタバサレディース」で見事に初優勝を果たしています。

初の本格参戦となった2018年は38試合、2019年は39試合と2年連続で全試合に出場し、賞金ランキングも2年続けて8位に入っています。

小祝さくらの現在の実家は船橋

現在は家族といっしょに母のスナックがある千葉県船橋市で暮らしているとのことですが、今後実績を積み重ねていけば米ツアー挑戦なども視野に入ってくるかもしれませんね。

そうなれば家族とは別れて暮らすことになりますが、もしかしたら二人三脚でがんばってきたお母さんのサポートがあるかもしれませんね。

小祝さくらの彼氏の情報は?

小祝さくらさんの彼氏や交際についての情報はありません。
将来の可能性がどんどん広がっていくので、今はそれどころではないと思います。

優勝した2020 「ニトリレディスゴルフトーナメント」の大会ではキャディの小畑貴宏さんとの息がぴったりだったのが印象的でした。

小畑さんは1979年生まれの今年40歳で、今季から小祝さくらさんの専属キャディを務めているようです。

グリーンでパットを決めた後、彼に笑顔で熱心に話しかけているさくらさんの姿が何回も見られ、印象的でした。
やはり、選手とキャディーは確かな信頼関係にあるようですね。

小畑さんにはすでに奥さんと息子さんがいるようなので、もちろん交際の線はありませんが…

小祝さくらが親しくしている女子プロは?

黄金世代の面々は小さい頃からのつきあいでみんな仲がいいとのことです。

小祝さくらさんは、同じ黄金世代の中でも2020年の日本女子オープンで優勝争いをした原英莉花さんと仲がいいようです。

オフには一緒に釣り堀に行ったり、映画を観に行ったりする仲だということですから、かなりの親友のようですね。

日本女子オープン最終日のラウンド終了後の二人のアテスト風景の映像が、けっこう長い間テレビで流れていました。

試合後とはいえけっこう真剣な場だと思うのですが、時々談笑したりしてとてもなごやかな雰囲気が伝わってきたのが印象的でした。

小祝さくらの戦績とクラブセッティング

小祝さくらさんのこれまでの戦績やクラブセッティングついては、こちらの記事「小祝さくらの戦績やクラブセッティング」で紹介しています。

まとめ

小祝さくらさんは女子ゴルフ界の黄金世代の一人として将来が期待されている女子プロゴルファーです。

シングルマザーのお母さんと二人三脚で今日の成果をあげるに至っています。

知名度が上がった分、父親のこととか韓国籍などとか、いろいろ噂をたてられるかもしれませんが、今後もゴルフに集中して活躍してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました