小祝さくら【ゴルフ】戦績とクラブセッティング

スポーツ

小祝さくらプロは、2018年と2019年に連続で賞金ランクトップ10に入り、安定した実力に定評があります。

2019年にはプロとして初優勝し、2020年には2勝目をあげており、次はメジャーでの勝利が期待されています。

そんな小祝さくらさんの戦績とクラブセッティングについて調べてみました。

小祝さくら(こいわい さくら)のプロフィール

生年月日:1998年4月15日(22歳
出身地:北海道北広島市
出身校。飛鳥未来高等学校
身長:158cm
体重:58kg
血液:型 A型
趣味:音楽、ライブ、食べること
プロ転向:2017年7月29日LPGA入会(89期生)
所属:ニトリ

スポンサードリンク

小祝さくらの戦績

2018年

トップ10回数は13回で全体の5位となっていますが、5位以内に入った試合をあげてみました。

ヤマハレディースオープン葛城:5位タイ

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン:2位タイ

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント:4位

センチュリー21レディスゴルフトーナメント:2位タイ

大東建託・いい部屋ネットレディス:3位タイ

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント:2位

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント:5位

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント:2位

2019年

トップ10回数は前年と同じ13回で全体の5位となっていますが、5位以内に入った試合をあげてみました。

Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント:4位タイ

リゾートトラスト レディス:5位タイ

ニチレイレディス:3位

資生堂 アネッサ レディスオープン:5位タイ

サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント:優勝

北海道 meiji カップ:5位タイ

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース:3位タイ

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント:3位

2020年

2020年は9月までの6試合中5試合で予選通過し、3試合でトップ10に入っています。

ニトリレディスゴルフトーナメント:2位

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント:優勝

日本女子プロゴルフ選手権:6位

スポンサードリンク

小祝さくらのクラブセッティング

ドライバー:スリクソン Z785 ドライバー(9.5度) ツアーAD TP(45インチ、硬さS)

フェアウエイウッド:スリクソン ZX フェアウェイウッド(3番13.5度、5番18度)

ユーティリティ:スリクソン Z H85 ハイブリッド(3番19度、4番22度)

アイアン:スリクソン Z585 アイアン(5番~PW)

ウェッジ:RTX-3 ウェッジ (ブレードタイプ)(50度、58度)

パター:テーラーメイド スパイダーX

ボール:ボール スリクソン Zスター XV ボール

小祝さくらのドライバー

小祝さくらさんは自分に合うクラブが見つかればそれをずっと使い続けるタイプとのことです。

ドライバーは2019年の優勝時と同じですが、2020年はシャフトを長年使用していた「ディアマナ B50」から「Tour AD PT5」に変更しています。

2019年はフェアウェイキープ率が67.72%でツアー全体の43位ということでまだ改善の余地があるという判断のようです。

そこで、ボールがつかまりやすいと定評のあるシャフトに変更したようです。

2020年現在ののフェアウェイキープ率は59.74%と数字的には落ちていますが、順位は31位とアップしているので、相対的には効果が出ていることになると思います。

小祝さくらのアイアン

アイアンは今まではカーボンシャフトだったのですが、今年からスチールシャフトに変更しています。

オフには飛距離アップのために体力強化に励んだとのことで、ヘッドスピードが上がった分、カーボンだとしなりが強すぎて縦距離がバラついていたからという利用だそうです。

スチールにすることによって縦距離のバラつきがなくなり、正確性が増したとのことです。

元々正確なショットが持ち味で、2019年のパーオン率は72.33%で全体の15位だったさくらさんですが、2020年は74.44%で11位と確かに効果は出ているようです。

まとめ

小祝さくらさんは2018年、2019年ともトップ10に入る回数は13回で全体の5位となっており、安定した実力があります。

2019年のオフには体力強化に励み、強化した体に合わせて、ドライバーもアイアンもシャフトを変更して2020年のシーズンに臨んでいます。

タイトルとURLをコピーしました