シチュー

手抜き料理

シチューは好きなんですが、実はスーパーで売られているルーを入れたクリームシチューは苦手です。
昔、母親が作っていたシチューはクリームシチューではなく、それもトロミのないただのシチューなんですが、これが自分の中ではシチューの原点になっているようです。
トロミがないので、シチューとしての好き嫌いが別れるかもしれません。

このただのシチューを再現したくていろいろ試してみたんですが。
食材を煮込むまではいいんですが、どうやって味付けをしていたのがわからなかったんですね。

当時は調味料の知識もあまりなくて、塩ぐらいしか思い浮かばなかったんです。

ということで塩で味付けをしてみたところ、確かに味はついているんですが何かが違う…
それに、塩をあまり入れると健康によくないし…

その後、コンソメで味付けすればいいとわかり、とりあえず満足できる味に仕上がったんですね。
コンソメはもちろん減塩表記のあるものを使っています。

材料(2人分)

豚肉(モモ):200g
にんじん:1/2本
玉ねぎ:2個
じゃがいも:1個
牛乳:100CC
水:500CC
コンソメ(顆粒):1個
黒コショウ:少々

作り方

じゃがいもは皮をむき芽を取り除いて一口大に切り、にんじんも好みの大きさに切ります。
玉ねぎはくし切りにします。

鶏肉はスーパーで売られているカレー・シチュー用肉ではなく、好みで薄切り肉を使っています。
一口大の適当な大きさに切る時もあるし、薄切りの固まりをそのまま使うこともあります。

熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、豚肉、にんじん、玉ねぎを入れて炒めます。
玉ねぎが柔らかくなってきたところで白ワインを加えてさらに炒めます。

水を加え、コンソメを入れて1時間ぐらい煮込みます。
じゃがいもは煮崩れしないのが好みなので、別の鍋で適度な硬さになるように煮込みます。

しっかり煮込んだら牛乳を入れます。
普通のレシピと違い、牛乳はあまり入れません。
別に煮込んだじゃがいもを入れ、少し煮込んで完成です。

トロミがないので普通のシチューとはちょっと違っていて、かなりシンルな手抜き料理です。
そのおかげかどうか、味に飽きることなく一食でけっこうな量を食べることができます。
自分にとってはこれがシチューなんですね。

タイトルとURLをコピーしました