【ユン・チェヨン】スタイルよしで可愛いと話題!モデル経験も

スポーツ

韓国出身の女子プロゴルファーとして日本でも活躍しているユン・チェヨンさんは日韓を問わずファンが多いですね。

日本ツアーへの参加は20歳代後半とやや遅かったのですが、モデル経験のある美貌はもちろんのこと、172cmの長身のあまりのスタイルのよさが大きな話題になりました。

美女ゴルファーの元祖とも言われたユン・チェヨンさんの韓国での通称は「奇跡の8頭身美女」だそうです。

そんなユン・チェヨンさんについていろいろと調べてみました。

ユン・チェヨンのプロフィール

生年月日: 1987年3月5日(33歳)
出身: 韓国
身長: 172 cm
体重: 58 kg
血液型: A型
出身校: 中央大学校(韓国)
賞金ランク最高位: 10位(2008年-韓国)、17位(2018年-日本)
プロ転向(韓国): 2005年
プロ転向(日本): 2018年(日本JLPGA90期)
所属: Hanwha

スポンサードリンク

ユン・チェヨンのゴルフ経歴

ユン・チェヨンさんは、ゴルフ好きの父親が通っていたゴルフ練習場に11歳の時にいっしょに行ったのがきっかけとなってゴルフを始めたとのことです。

2005年に韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)に入会してプロとしての活動を開始し、下部ツアーですがいきなり優勝して注目されました。

日本女子プロゴルフツアーには、2014年4月の「ヤマハレディースオープン葛城」で初出場し、この時は23位タイとまずまずの結果でした。

そして、同年の韓国ツアー「済州三多水マスターズ」で念願のレギュラーツアー初優勝を果たしています。

プロになってから初優勝まで10年近くかかったことになりますが、諦めずに努力し続ける彼女の姿勢がわかりますね。

同年、日本ツアーの出場権を得るためのクオリファイリングトーナメント(QT)に出場し、ファイナルで5位に入り、翌年の出場権を得ています。

以降は2020年まで日本LPGAツアーのシード権を維持し続けていますが、まだ優勝はありません。。

2020年こそ初優勝を期待したいですね。

ユン・チェヨンはKLPGA広報モデルを経験!

KLPGA広報モデルとは、韓国女子ゴルフを盛り上げるためのいろいろな活動を行う女性モデルのことです。

前シーズンの韓国女子ツアー賞金ランク60位以内の選手から、報道機関、タイトルスポンサー、一般ファンのオンライン投票によって選ばれます。

つまり、KLPGA広報モデルに選ばれるためには、ゴルフの実力と美貌の両方を兼ね備えている必要があるんです。

ユン・チェヨンさんは2009年に初代「KLPGA広報モデル」に選ばれ、その後2016年まで8年連続で選ばれています。

KLPGA広報モデルに選ばれた女子ゴルファーとしては、イ ボミ、キム ハヌル、アン シネなど日本ツアーでもお馴染みの面々が名を連ねています。

スポンサードリンク

ユン・チェヨンのゴルフスタイル

ユン・チェヨンさんのドライバー平均飛距離は240ヤードといいますから、日本ツアーの中では飛距離は出る方だと思います。

得意クラブはウエッジで、高いパーオン率を生み出す正確なショットが武器とのことです。

自身でマネージメントや気持ちのコントロールに気をつけるようにしていると言っているように、体が大きいことによる豪快さよりは繊細でクラバーなゴルフが持ち味のようです。

試練を乗り越えて2020年日本ツアーに参加

折からのコロナ渦の影響で日本女子ツアーは開幕が遅れたのですが、開幕後も渡航者に対しての入国制限のため、ユン・チェヨンさんはなかなか来日することができませんでした。

2019年は日本ツアーを主戦場としていたため韓国ツアーではシード権がなく、思うように試合に出ることができません。

試合に出られない日々は黙々とトレーニングに励んでいたのだと思いますが、心の中は不安でいっぱいだったと思います。

8月6日に日本政府は在留資格を持つ海外からの渡航者に対して入国制限を緩和すると発表しました。

これを受けて、ユン・チェヨンさんはすぐに再来日に向けて動き始め、無事に日本に入国を果たしました。

ただ、来日しても2週間の隔離期間が必要となるため、同じく日本女子ツアーに参戦するイ ミニョンさんの都内の自宅マンションで、ペ ヒギョンさんとの3人で共同生活を送っていたとのことです。

そして、ようやく8月22日に隔離期間があけ、晴れて「自由の身」となったユン・チェヨンさんは8月27日開催の「ニトリレディスゴルフトーナメント」から日本ツアーに復帰参戦しています。

残念ながら復帰第1戦は予選落ちしましたが、以降の2試合は予選を通過し、調子は上向いているようです。

今後の活躍が期待できますね。

まとめ

ユン・チェヨンさんはそのスタイルのよさと美貌、それにゴルフの実力も持っているため、日韓を問わずファンが多くて人気があります。

韓国では初優勝まで10年近くかかるなど、見た目の華やかさの裏では苦労も多く、ずっと努力をし続けています。

日本では優勝がまだなので、がんばってぜひ達成してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました