スポンサードリンク

【西村優菜】可愛いウェアやインスタが人気!出身高校や彼氏は?

スポーツ

女子プロゴルファーの西村優菜さんの活躍が目覚ましいですね。

まだ20歳と若いのですが実力もあり、テレビで見られるフェアウェイを歩く姿やインスタの写真・画像がかわいいと人気です。

身長150cmと、女子プロゴルファーとしては非常に小柄で、ショットを打つ時の真剣な表情と試合中に見せる笑顔のギャップに心惹かれる人も多いことでしょう。

インタビューの受け答えもハキハキとしていてクレバーさを感じさせます。

テレビのバラエティ番組出演など、ゴルフ番組以外でも見る機会が増えてきています。

ここでは西村優菜さんがゴルフを始めたきっかけや中学・高校での活躍などついて調べてみました。

スポンサードリンク

西村優菜のゴルフウェアがかわいい!

西村優菜さんは2020年のシーズンからキャロウェイゴルフと総合用具契約を結んだとのことで、ゴルフウェアもキャロウェイを着ていますが、このウェアがかわいいと人気です。

インスタにも多数のウェアの写真があります。

2020年のレギュラーツアーは無観客試合が続いていますが、今後観客が入るようになれば、そのかわいい姿を見ようとフェアウェイで後を追っていくファンも多くなると思います。

西村優菜はテレビ番組「ジャンクSPORTS」に出演!

西村優菜さんはフジテレビで1月31日夜7時から放送の「ジャンクSPORTS」の【女子ゴルフ黄金世代&プラチナ世代がスーパープレー!】に出演するとのことです。

学年で2つ上になる黄金世代の小祝さくらさん、勝みなみさん、河本結さん、1つ上になる稲見萌寧さん、同じプラチナ世代の吉田優利さんらが出演するとのことです。

「この場を借りて言いたいこと言い合ってもらう」コーナーや10メートル先にある的をドライバーショットで打ち抜く「マン振りターゲット」、6人並んで1つのカップめがけて一斉にパットする「一斉パターチャレンジ」などもあるとのことですから、どんな展開になるのかとても楽しみですね。

スポンサードリンク

西村優菜(にしむら ゆな)のプロフィール

生年月日:2000年8月4日(20歳)
出身地:大阪府堺市
身長:150cm
体重:50kg
血液型:O型
出身校:大阪商業大学高等学校
趣味:音楽鑑賞 スポーツ観戦
プロ転向日:2020年1月1日(92期生)
所属先:スターツコーポレーション

西村優菜がゴルフを始めたきっかけは?

西村優菜さんがゴルフを始めたのは5歳の時で、ゴルフ好きだったお父さんが練習場に行くのについていったのがきっかけとのことです。

初めて練習場についていった時の人生最初の一振りがボールに当たり、ゴロゴロを前に転がっていくのを見たお父さんが、すでにゴルフをやらせていたお姉さんといっしょに練習をさせたといいます。

もちろん、優菜さん本人も面白いと思い、みるまにハマッて練習を続けた結果、小学校6年生頃にはちょっとしたジュニア大会で優勝するようになり、全国的な大会にも出場するようになっています。

西村優菜の中学・高校での活躍

西村優菜さんは中学生になってからもめきめきと腕を上げ、2013年の大阪府中学校ゴルフ選手権で3位、2015年には2位に入っています。

その後、高校はゴルフの強豪校である大阪商業大学高校に進学しています。

そこではゴルフ部に在籍して全国的な大会で活躍し、2016年には全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権で優勝しています。

また、2016年には日本女子オープンに出場するチャンスが巡ってきたのですが、この大会で見事に6位に入ったことによってナショナルチーム入りします。

ちなみに、この大会で優勝したのはアマチュアだった黄金世代の畑岡奈紗選手でした。

2017年からは、同年代の安田祐香選手、古江彩佳選手らとともにナショナルチームの一員として活躍しています。

この二人は同じ関西出身で小さい頃から切磋琢磨してきた仲間で、同期でプロ入りし、今も仲の良い友人であるとのことですが、揃ってプラチナ世代の一員として注目を集めています。

ナショナルチームでは、データを駆使して各々の選手ごとに必要とされる力を養う練習を行っており、海外遠征などのの経験も積めるため、後の優菜さんのゴルフに大きな影響を与えたようです。

スポンサードリンク

プロテストは一発で合格!

高校は附属高校なのでそのまま大阪商業大学へ進学することもできたと思いますが、優菜さんは大学へは進学せず、高校卒業後すぐに女子プロゴルファーになる道を選んでいます。

そして、高校を卒業した2019年のプロテストを受験し、通算8アンダーの2位タイで見事に一発合格しています。

ちなみに、上で紹介した同じナショナルチームメンバーの安田祐香選手は4位タイで合格し、古江彩佳選手に至っては、アマチュアでツアー優勝を果たし、プロテスト免除で一足先にプロになっています。

なんともすごい仲間たちが同世代にいたものですね。

この年のプロテストは2000年生まれのプラチナ世代と呼ばれるがこぞって受験したため、かなりの難関になったようです。

プロでの初優勝!

2020年は女子ツアーの開幕が遅れ、プロデビューの年としては厳しいシーズンとなりました。

西村優菜さんは開幕からの2試合こそ予選落ちしましたが、3試合目のニトリレディスゴルフトーナメントでは9位タイと初のトップ10入りを果たし、実力を示しました。

そして、9月の日本女子プロ選手権では3日目で単独トップに立って話題となりました。

この時は最終日にくずれてしまいましたが、7位タイに入っています。

その後、富士通レディースで4位タイと自己最高位を記録した後、11月の樋口久子・三菱電機レディースで6打差を逆転して見事ツアー初優勝を果たしました。

スポンサードリンク

女子ゴルフ界のプラチナ世代とは

2019年の女子プロゴルフツアー優勝者のうち1998~99年生まれが6名もいることから(畑岡奈紗、勝みなみ、河本結、小祝さくら、渋野日向子、原英莉花)この世代は黄金世代と呼ばれています。

そして、その2年後の2000年に生まれた世代(安田祐香、西村優菜、吉田優利、古江彩佳)の活躍も目立つようになり、この世代はプラチナ世代、あるいはミレニアム世代と呼ばれています。

黄金世代に対してのプラチナ世代ということになりますが、黄金世代はすでに国内海外合わせて23勝という実績があります。

2020年プロデビューのプラチナ世代は、早くも古江彩佳選手が3勝、西村優菜選手が1勝をあげて黄金世代を追従する形となっているので、今後が楽しみですね。

西村優菜の交際情報、彼氏は?

西村優菜さんはフェアウエイ上でもおしゃれなのがわかりますが、今のこころ彼氏の情報などはありませんでした。

プロゴルファーとしてデビューし、今後は国内のツアーを転戦することになるので、しばらくはそんな時間は作れないと思います。

特に裕福な家庭というわけではないようなので、ゴルフに打ち込ませてくれた家族への恩返しが先だと考えているのではないでしょうか。

西村優菜の戦績とクラブセッティング

まとめ

かわいいと評判の女子プロゴルファー西村優菜さんは女子ゴルフ界のプラチナ世代として注目されています。

10歳で父親の影響でゴルフを始め、小学校6年の時には早くも地方大会で頭角を現し始めました。

その後、中学高校でも実績を積み重ね、プロテストも一発で合格しましたが、デビューシーズンの2020年に早くもツアー優勝を果たし、海外メジャーである全米女子オープンにも挑戦しました。

これからの活躍が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました