スポンサードリンク

【日時計 パンとおやつ】坂の途中のおうちパン工房の口コミとアクセス

グルメ

神奈川県鎌倉市の自然豊かで閑静な住宅街にあるパン工房「日時計 パンとおやつ」が話題になっています。

テレビ朝日の「人生の楽園」で「坂の途中のおうちパン店」として紹介されます。

ここではパン工房「日時計 パンとおやつ」のパンのこと、口コミやアクセスなどについて紹介します。

スポンサードリンク

パン工房「日時計 パンとおやつ」とは

鎌倉市のちょうど中心付近で高台になっている一帯は、市の保全森に囲まれて自然が豊かなエリアです。

2015年12月、ホテルのコンシェルジュを退職したオーナーが、この地にあって義父と義母が大事にしていた家に移り住み、その場所にパン工房をオープンしました。

家の庭の日時計にちなんで店名を「日時計 パンとおやつ」にしたとのことです。

自宅でやろうと思ったのは、周辺の環境、そして家の造りや庭の雰囲気がとにかく好きとのことで、一番好きな場所でパンを焼きたかったからだそうです。

店は金曜と土曜の2日だけの営業で、開店時間は午前11時で、売り切れ次第閉店となります。

今では常連さんも増え、地域で知られた店になりましたが、客は近隣の常連さんだけでなく、横浜や藤沢など遠くからわざわざ訪れる人も多いとのことです。

住宅街の一角で、この地域特有の少々きつい坂の途中にありますが、お店らしい外観ではなく普通の住宅です。

地域とのコミュニケーション

「家庭文庫」という私設図書館を設け、地域の人へ本の貸し出しを行っている他、月に一度、0歳から就学前の子供たちへのおはなしの会を開催しています。

パン工房「日時計 パンとおやつ」のパン

パンは、年齢に関わらず誰でも安心して食べれるように、原材料選びからこだわっているとのことです。

小麦は安全な国産のものを使用し、砂糖は必要最低限の量だけ使っています。

砂糖や塩の使用料を抑えることで、小麦の香りを楽しめるというメリットが生まれます。

使う材料も季節によって種類を変えるなど、美味しいだけでなく、安心で安全なパンを作ることを心がけているとのことです。

20種類のパンと3種類のクッキーなどのお菓子を週替わりで焼いています。

販売しているパンは、見た目の形もよくて美味しいと評判で、毎営業日売り切れになります。

スポンサードリンク

パン工房「日時計 パンとおやつ」の口コミ

パン工房「日時計 パンとおやつ」にはSNSで多くの口コミが寄せられています。

開店時間になるとこの写真のように看板が出るのですが、看板がなかったら普通の住宅なので、たぶんわからないですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHIHO(@nukoxox)がシェアした投稿

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tokuko J(@tokuko.j)がシェアした投稿

熱烈なファンの方のようですね。
このお店はこうした人に支持され続けているんですね。

スポンサードリンク

パン工房「日時計 パンとおやつ」の営業日・営業時間

店は週2回だけの営業です。

営業時間:11:00から売り切れまで

営業日:金曜日・土曜日

パン工房「日時計 パンとおやつ」のアクセス

神奈川県鎌倉市梶原2-19-13

京急バス:鎌倉駅行き 梶原バス停から徒歩5分

湘南モノレール:湘南深沢駅から徒歩15分
湘南町屋駅から徒歩20分

まとめ

鎌倉市の自然豊かな住宅街にあるパン工房「日時計 パンとおやつ」は近隣で知られたパン店ですが、横浜や藤沢などからも客が訪れます。

販売しているパンは。美味しいだけでなく、安心で安全なパンを作ることを心がけており、砂糖や塩の量を抑えるなど材料にもこだわっています。

美味しいという口コミも多数寄せられています。

タイトルとURLをコピーしました