スポンサードリンク

【高カカオチョコ】メリット・デメリットは?通販のおすすめは?

グルメ

毎年バレンタインデーが近くなるとチョコレートの話題でもちきりになりますが、美味しい上に健康にもよいということで高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)が人気です。

高カカオチョコレートに含まれるカカオポリフェノールのこと、メリット・デメリットなどについて調べてみました。

高カカオチョコレートとは

普通のチョコレートにはカカオが30~40%含まれていますが、70%以上含まれているものを高カカオチョコレートといいます。

普通のチョコレートの2倍以上のカカオが入っているわけですが、その分、苦みや渋みが強いという特徴があります。

ポリフェノールが多く含まれている食品といえば赤ワインがよく知られていますが、高カカオチョコレートにはその4倍以上のポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールが健康によいということで人気があるんですね。

高カカオチョコレートのメリット

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールはいわゆる渋味成分ですが、チョコレートのおいしさの元となっている成分で、同時に健康によい成分でもあります。

ポリフェノールの血圧を下げる効果

ポリフェノールは血管の詰まりを防ぎ、しなやかにしてくれるので血圧を下げる効果があるといわれています。

カカオポリフェノールは、小腸で吸収されて血管の内部に入っていきますが、炎症などのために血管が狭くなって血液が通りにくくなっているところにカカオポリフェノールが作用すると、炎症が改善されて血管が広くなり、それによって血液が通りやすくなります。

ポリフェノールの抗酸化作用

ポリフェノールには抗酸化作用があるので、老化のほか、いろいろな疾病の原因となっている活性酸素を体内から除去する働きがあると言われています。

つまり、体が酸化して錆びていくのをとめてくれるわけで、70%以上の高カカオチョコの場合、豊富に含まれるポリフェノールによって体の劣化を遅らせてくれます。

このようにカカオポリフェノールには体によい様々な作用があるんですね。

高カカオチョコレートのデメリット

カカオにはポリフェノールだけでなく、脂質やカフェインも多く含まれています。

普通のチョコレートの脂質含有量は約35%前後ですが、高カカオチョコレートはその約1.2~1.5倍の約40~60%もの脂質を含んでいます。

また、カフェインも普通のチョコレートの2倍から4倍多く含まれています。

美容にも健康にもよい成分が多く含まれている高カカオチョコレートですが、健康によくておいしいからといってもやはり食べすぎには注意する必要があります。

高カカオチョコレートは通販で購入できる!

ショコドーネ楽天市場店では高カカオチョコレートをはじめとしていろいろなチョコレートが揃っています。

ショコドーネは日幸製菓株式会社が製造したチョコレートを販売しているネット専門店です。

まとめ

美味しい上に健康にもよいということで高カカオチョコレートが人気です。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは血圧を下げたり、活性酸素を除去したりする働きがあるので健康によいといわれていますが、カカオには脂質やアフェインも含まれているので食べすぎには要注意です。

通販でも美味しい高カカオチョコレートを購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました