スポンサードリンク

【マジッククリスマスツリー】原理や育て方は?通販で購入できる?

グッズ

マジッククリスマスツリーは、「魔法の水をかけると葉っぱが生えてくる!」という人気のクリスマスツリーです。

テレビでも紹介され、不思議なクリスマスツリーとして話題になりました。

小さなサイズでちょっとしたスペースにおけるので気軽に楽しめます。

マジッククリスマスツリーの原理・仕組み、育て方、通販で購入できるかなどについて紹介します。

マジッククリスマスツリーとは

最初は葉っぱがない状態ですが、魔法の水(マジックウォーター)をかけると12時間で葉っぱがモコモコのクリスマスツリーに成長します。

育ったツリーは1ヶ月ほどその状態を維持するので、その間楽しめます。

幹や枝などツリーの本体は紙でできていて、下のトレイはプラスチック製です。

本体サイズは2種類あります。

・レギュラータイプ:直径9.7×高さ16.0cm

・ラージタイプ:直径約14cm×高さ約28cm

カラーはグリーン、ホワイト、イエロー、ブルー、レッド、ピンク、レインボーの7色があり、お好みの色を選んで楽しむことができます。

スポンサードリンク

マジッククリスマスツリーの原理・仕組み

魔法の水は「酢酸ナトリウム」を含んだ溶液で、マジッククリスマスツリーは酢酸ナトリウムの結晶化を利用して、モコモコに成長する葉っぱを実現しています。

トレイに入った魔法の水は紙でできたツリーの幹にしみ込んで上まで上がっていきます。

魔法の水に含まれた酢酸ナトリウムが枝の先の方で乾燥することによって針葉樹の葉っぱのような針状に結晶化します。

結晶は放射状にスルスルと伸びていきますが、これがツリーの葉っぱのように見えるわけですね。

結晶の葉っぱを光で照らすとキラキラと輝いてとてもきれいです。

マジッククリスマスツリーの上手な育て方

マジッククリスマスツリーは化学反応を利用しているので、乾燥や湿気などの環境に敏感です。

うまくモコモコのツリーに育てるにはいくつかの注意点があります。

暖房や空調などの乾いた風が直接当たるなどして乾燥しやすい場所では、魔法の水が幹の上の方や枝の先の方に浸透するまでに紙でできた幹部分が乾いてしまいます。

そうなると、結晶化がうまくいかないため、葉っぱがモコモコに成長しない場合があります。

ですから、できるだけ風がなくてあまり乾燥しない場所で育てることが必要です。

また、極端に湿気の多い場所だと化学反応がうまく進行しないため、やはり結晶化せずに葉っぱが育たない場合があります。

ですから、湿気の多い場所も避ける必要もあるんですね。

葉っぱはあくまで結晶なのでとても壊れやすく、衝撃を与えたり、指で触れたりすると崩れて落ちてしまうこともあります。

長く楽しむためにはなるべく衝撃を与えないように静かな場所に置いておきしましょう。

育てる上でいろいろと注意が必要なマジッククリスマスツリーですが、大事に育てた分、愛着もわくのではないかと思います。

スポンサードリンク

マジッククリスマスツリーは楽天通販で購入できる!

マジッククリスマスツリーは楽天市場の通販で購入できます。

まとめ

テレビでも紹介されたマジッククリスマスツリーは、「魔法の水をかけると葉っぱが生えてくる!」という不思議なクリスマスツリーです。

マジッククリスマスツリーは酢酸ナトリウムの結晶化を利用して、12時間で育つモコモコの葉っぱを実現しています。

化学反応を利用しているので、うまく育てるには極端な感想や湿気を避ける必要があります。

マジッククリスマスツリーは楽天の通販でも購入できます。

タイトルとURLをコピーしました