スポンサードリンク

深田登真【劇団四季博士ちゃん】ライオンキング出演!ミュージカルの舞台裏を紹介

エンタメ

深田登真(ふかだ とうま)くんが「劇団四季博士ちゃん」として、2022年5月14日放送の「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」に出演します。

ここでは、劇団四季博士ちゃん・深田登真くんのプロフィール、2022年5月14日の授業の内容について紹介します。

劇団四季博士ちゃん・深田登真(ふかだ とうま)のプロフィール

劇団四季博士ちゃん・深田登真くんは14歳の中学3年生です。

小学2年生の時、初めて劇団四季のミュージカルを観劇したそうですが、その後、小学3年生の時に見た「美女と野獣」でミュージカルの面白さにハマり、以降、100回ほどもミュージカルの観劇に通ったといいます。

そして、小学5年生の時にライオンキングのオーディションを受けて見事合格し、ヤングシンバ役を務めました。

今では、小道具や衣装を手作りしている他、発泡スチロールで手作りした舞台のミニチュアセットでスモークなどを出してステージを再現しているといいます。

将来は、小道具など、ミュージカルの裏方をやりたいとのことです。

スポンサードリンク

ライオンキングにヤングシンバ役で出演!

劇団四季博士ちゃん・深田登真くんが出演したのは、ライオンキングの福岡公演(キャナルシティ劇場)で2019年3月24日~2020年1月13日に上演されたものです。

インスタでは深田登真くんのヤングシンバに感想が寄せられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@amytfevsrioがシェアした投稿

よく通る声で芝居も歌も上手とのことです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@vivi1832uがシェアした投稿

ヤングシンバがイケメンで将来が楽しみとのことです。
スポンサードリンク

劇団四季博士ちゃん 2022年5月14日の授業内容

ミュージカルは見えないところでとてもたいへんなことがあるといいますが、劇団四季博士ちゃん・深田登真くんがそんなミュージカルの激ムズシーンについて徹底授業をします。

  • 「ライオンキング」の名シーン
  • 「キャッツ」の激しい激ムズダンスシーン
  • 「リトルマーメイド」の水中ダンスシーンに隠されていた激ムズなシーン

さらに、最新作「バケモノの子」の舞台裏に博士ちゃんが潜入します。

「ライオンキング」の激ムズシーン

頭の上にお面をつけた動物同士が向きい合うシーンでは、俳優が手元にリモコンを持って自分でお面の動きを操作しながら演技しているとのことです。

また、登場する多くの動物のうち、博士ちゃんが一番操作が難しいというチーターの場合、手で前足を操作しながら、俳優と動物の頭をつなげた糸で頭の動きを同時に操作しています。

「キャッツ」の激しい激ムズダンスシーン

客席から俳優の足元までよく見えるようにステージが客席に向かって2度傾いているとのことです。

この斜めに傾いた舞台の上でふんばりながら激しいダンスを踊るのは相当難しいとのことです。

「リトルマーメイド」の水中ダンスシーンに隠されていた激ムズなシーン

アリエル役は50cmのカツラと1.6mの尾ひれをつけた上でワイヤーに吊られたまま長時間空中で演技をしますが、吊られても体が回転しないようにすることがとても難しく、普段から様々な訓練を積んで回転しないように体感を鍛えているといいます。

また、足で踏ん張れないので、歌うことも非常に難しいとのことです。

最新作「バケモノの子」の激ムズシーン

最新作「バケモノの子」の舞台裏に博士ちゃんが潜入して、戦う巨大パペットと対面します。

実際にパペットが動くところを見せてもらったところ、巨大パペットは俳優3人がかりで操作するため、3人の息をぴったり合わせるのが非常に難しいとのことでした。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました