【チャーシューメロンパン】中華街で人気!販売店は?通販購入可能?

グルメ

チャーシューメロンパンは、横浜中華街の「西遊記」で販売されており、多い時は日に5000個も売れる大ヒット商品とのことです。

テレビ朝日の情報番組「スーパーJチャンネル」で紹介されて話題になっています。

チャーシューメロンパンは数年前に日本に上陸した商品ですが、横浜中華街にテイクアウトコーナーができたことで人気に火が付いたとのことです。

ここではチャーシューメロンパンのこと、販売店、通販購入などについて紹介します。

チャーシューメロンパンとは

チャーシューメロンパンは、広東語で「菠蘿叉焼包(ホーローチャーシューポウ)」と呼ばれる食べ物で、香港の点心専門店で大人気の点心で、主に高級店に置いてあるとのことです。

なによりもチャーシューとメロンパンの組み合わせにインパクトがあります。

メロンパンは、ご存じのように、パン生地の上に甘いクッキー生地をのせて焼いたパンで、とにかく、甘いという印象があります。

サイズは一般的なメロンパンよりはいくぶん小さく、手のひらにおさまるサイズです。

サクサクのパン生地は普通のメロンパンよりは薄く、その上にかけられているビスケット生地は甘さが控えめに抑えられており、しっかりと味付けしたジューシーなチャーシューの美味しさを見事に引き立てている感じです。

スポンサードリンク

日本で最初に販売されたのは?

日本では、関西で展開するベーカリーカフェチェーン「FREDS CAFE(フレッズカフェ)」が、2014年10月に国内で初めて販売を開始しています。

値段は1個150円(税込み)で、点心か? それともメロンパンか?ということで、当時話題になりました。

フレッズカフェは、きつねうどんパン、カレーうどんパンなどの斬新なメニューで人気のカフェですが、現在もチャーシューメロンパンがメニューにあるかどうかは確認できませんでした。

「西遊記」のチャーシューメロンパンの特徴

チャーシューメロンパンは、チャーシューとパン生地の絶妙なハーモニーが命で、それぞれこだわりを持って作っているとのことです。

チャーシューは、海鮮醤をベースにした特製のタレに一晩漬け込んだスペイン産の豚の肩ロースを約1時間かけて焼き上げます。

それによって、脂身と肉のやわらかさが絶妙なバランスに仕上がります。

パン生地は、濃厚なチャーシューの味を引き立てるために甘さを控えめにし、何層にも重ねることでサクサクの食感になりますが、肉まんの3倍くらい時間がかかるそうです。

見た目は小さめのメロンパンですが、食感はクロワッサンに近いとのことです。

チャーシューメロンパンを販売している店と値段

テレビで紹介されていた中華街の販売店は「西遊記」ですが、他にも販売している店があります。

西遊記(香港飲茶専門店 西遊記 横浜中華街)

小籠包 専門店 横浜中華街 王府井(ワンフーチン)の姉妹店として2020年10月25日にOPENした店です。

小籠包も美味しくておすすめです。

所在地:神奈川県横浜市中区山下町149

営業時間:11:00~22:00

3個で600円(税込)

菜香新館

所在地:神奈川県横浜市中区山下町192

営業時間:11:30~21:30(土日祭日は11:00から)

1個200円(税込)

耀盛號(ようせいごう)

所在地:神奈川県横浜市中区山下町143

営業時間:10:00~21:00

1個200円(税込)

チャーシューメロンパンは楽天の通販で購入できる!

チャーシューメロンパンは、「叉焼メロンパン」という商品名で、5個で1,350円(税込み)で、「西遊記」の姉妹店「王府井(ワンフーチン)」の販売サイトから購入できます。

楽天市場店の商品ページでは、販売期間は2020年11月16日から12月31日までと書かれていますので、気になる人は忘れないうちに注文しておきまししょう。

まとめ

チャーシューメロンパンは、横浜中華街の「西遊記」という店で一日5000個も売れることもある大ヒット商品で、テレビの情報番組で紹介されて話題になっています。

サクサクのパン生地に甘さを抑えたクッキー生地、その中に入っているジューシーなチャーシューとの組み合わせが絶妙!と大人気です。

チャーシューメロンパンは横浜中華街の店で購入できますが、楽天の通販でも購入できます。

タイトルとURLをコピーしました