スポンサードリンク

ウチで焚き火気分を楽しむ【FireWood Home】口コミ、通販は?

グッズ

キャンプの定番といえば焚き火ですが、焚き火を囲みながらの仲間との語らいは、食事も美味しいしお酒もすすんで楽しいですね。

2020年以降はキャンプもなかなか気軽には楽しみづらい状況になっていて残念ですが、おうちで焚き火の気分が楽しめるというグッズが話題になっています。

ここでは、自宅の部屋でたき火が楽しめるという「FireWood Home(ファイアウッド ホーム)」のこと、通販で購入できるかについて紹介します。

スポンサードリンク

FireWood Home(ファイアウッド ホーム)とは

FireWood Homeは、タカラトミーアーツから販売されている焚き火ガジェットです。

組み上げたまきの形をしていて、LEDライトで炎のような揺らぎを再現し、内蔵されたスピーカーから焚き火のパチパチという音が聞こえてくるなど、本格的な造りになっています。

けっこう重厚な造りでインテリアとしてもいいですね。

パッケージサイズがW190×H130×D190mmとのことなので、本体の高さは13cmより少し小さいという感じでしょうか。

2012年に発売されたFireWoodをリニューアルしての販売とのことですが、ここのところの自宅で過ごすことも多くなっているのでニーズが高まっているようです。

FireWood Home は焚き火の楽しみを再現

焚き火を囲むことでコミュニケーションが活発になり、楽しさも倍増します。

多人数でワイワイと騒ぐのではなくても、一人でパチパチという音を聞きながら揺らいで変化する炎を見ながらゆったりした時間を過ごすのも醍醐味ですね。、

このパチパチと聞こえる音ですが、これはたき火にくべる木の中に含まれた水分が水蒸気となって外に逃げる時に膨張して木の管を壊すために発生する破壊音です。

たき火を楽しむためにはなくてなならない要素ですね。

FireWood Homeは、独自のプログラムで焚き火の炎と、この音を再現しています。

FireWood Home の2つのモード

FireWood Homeは、たき火の雰囲気を楽しむために、2つのモード「アウトドアモード」「ライティングモード」があり、その時の気分や状況によって使い分けができます。

これも楽しそうですね。

アウトドアモード

火を付けてから消すまでをリアルな演出で、実際のたき火のように再現。

マッチを擦るような感覚でタッチセンサーを指でなぞると、まきの中にある種火にライトが点灯し、「着火」となります。

ブレスセンサースイッチを指で押さえてから中央に息を吹きかけると、種火から炎のようにライトが強く点灯します。

火が弱くなった時には、再び息を吹きかけると炎を大きくすることができます。

タッチセンサーを左右に繰り返しなぞると「消灯」となります。

ライティングモード

インテリアライトとして動作するモードで、LEDを5段階の調整が可能なので、インテリアと雰囲気に合わせて好みの明るさで楽しむことができます。

オート調整を選ぶと光の明るさが自動的に変化して、部屋の雰囲気にも変化とアクセントを与えます。

約2時間後に消灯させることもできます。

スポンサードリンク

FireWood の口コミ

現時点では発売前ですが、2012年に販売された旧モデル?FireWoodに対する口コミがSNSにありました。

焚き火好きの間では密かなブームになっていたようです。

欲しくて、再販を待っている人もいるようです。

ヤフオクで出品されることもあったようですが、今回のリニューアルしての再販は楽しみですね。

FireWood Home の発売日は?

2021年7月29日発売予定です。

FireWood Home は通販で購入できる!

FireWood Homeは楽天の通販で購入できます。

2021年7月29日の発売予定ですが、予約購入できます。

まとめ

FireWood Homeは、自宅の部屋で焚き火を楽しめる焚き火ガジェットです。

焚き火の炎と音を楽しむためのアウトドアモードと、インテリアとして楽しむためのライティングモードがあるので、状況に応じた使い方ができます。

FireWood Homeは、タカラトミーアーツから販売されており、通販でも購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました