スポンサードリンク

【キム・ハヌル】ウェア・ミニスカが可愛い美人のスマイルクイーン

スポーツ

韓国出身の女子プロゴルファー・キム・ハヌさんは2015年から日本ツアーへ参戦していますが、優勝6回という確かな実力もさることながら、かわいいミニスカートでフェアウェイを歩く姿が美しくてかっこいいと人気です。

また、どんな時でもニコニコしていることから「スマイルクイーン」という愛称でも知られています。

ここではキム・ハヌルさんのウェア、ミニスカを着るわけ、韓国と日本での活躍などについて紹介します。

スポンサードリンク

キム・ハヌルは美人でウェアもかわいい

キム・ハヌルさんはデサントのブランド「ルコックスポルティフ」とウェア契約を結んでいます。

ルコックスポルティフは、黄金世代の代表格・小祝さくらさんや中国出身の美人プロ・セキ ユウティンさんらもウェア契約を結んでおり、ハヌルさんにピタリのかわいいウェアもたくさんあると思います。

これはハヌルさんのインスタにあった写真で「富士通レディース 2020」で着たウェアですが、とてもかわいいですね。

ウェアはタイト、スカートはフレアというコーディネートもとてもかわいいです。

これを試合で着たらギャラリーが多くなりそうです。

インスタにはゴルフウェアだけでなく私服のかわいい写真も多数アップされています。

スポンサードリンク

キム・ハヌルのミニスカートは父の薦め?

キム・ハヌルさんの父・ジョンヒョンさんはかなりの実力のシングルプレーヤーとのことで、ハヌルさんの韓国女子ツアー時代にはキャディを務めて娘を支えていたといいます。

プロで試合に出る時、お父さんは「ミニスカートでプレーしなさい」とハヌルさんに命じたといいます。

にわかには信じられないようなアドバイスですが、どういうことなのかというと、「プロは見られることも仕事。ファンに喜んでもらえるような服を着るように。」ということなんだそうです。

ただ、スカートの丈があまり短すぎると、お父さんに怒られるそうですが。

キム・ハヌルはスマイルクイーン

キム・ハヌルさんはスマイルクイーンという愛称で呼ばれていますが、韓国ツアーにデビューしてまもなく誰からともなくこう呼ばれ始めたといます。

「よく笑顔でいることから付けてくれたのだと思う」と、本人とても気に入っているようですね。

2019年の全英女子オープンで「スマイルシンデレラ」と呼ばれた渋野日向子選手でもうまくいかない時には笑顔が消えていますが、キム・ハヌルさんはたとえミスをしても次の瞬間にはもうニコニコしています。

最初にテレビでこれを見た時には正直驚きましたが、回りの人への感謝を忘れずに目が合ったら誰であろうと必ず笑顔で会釈をするようにというのが両親の教えとのことで、ハヌルさんはこれを実践しているといいますが、これは素晴らしいことだと思います。

また、ハヌルさんは自分が笑うことも好きだけど周りの人を笑わせることも好きといっていますが、これも関係しているのかもしれませんね。

ハヌルさんの笑顔に会いにトーナメントに足を運ぶファンも多いと思います。

スポンサードリンク

キム・ハヌルはKLPGA広報モデルに選出された!

KLPGA広報モデルとは、毎年国女子ツアー選手から選出され、韓国女子ゴルフを盛り上げるためのいろいろな活動を行います。

前シーズンの韓国女子ツアー賞金ランク60位以内の選手を対象に、報道機関、タイトルスポンサー、一般ファンのオンライン投票によって選ばれます。

KLPGA広報モデルに選ばれるためには、ゴルフの実力と美貌の両方を兼ね備えている必要があり、日本ツアーでお馴染みのイ・ボミさん、アン・シネさんらも選ばれています。

キム・ハヌルさんは2009年に、日本女子ツアー挑戦中のユン・チェヨンさんらと共に初代「KLPGA広報モデル」に選出され、2014年まで6年連続で選出されています。

キム・ハヌル(김 하늘)のプロフィ-ル

生年月日: 1988年12月17日(32歳)
出身地: 韓国京畿道
身長: 170cm
体重: 58kg
血液型: A型
出身校: 建国大学校(韓国)
プロ転向: 2017年6月1日(89期生)
趣味: 音楽鑑賞
所属: HITE JINRO

スポンサードリンク

キム・ハヌルの韓国でのゴルフ経歴

キム・ハヌルさんは12歳でゴルフを始め、ジュニア時代から大韓民国ナショナルチーム候補生に選ばれ、育成されています。

同級生には2015年と2016年に日本女子ツアーの賞金女王を獲得したイ・ボミがいます。

2004年、高校1年生で全国大会2位となり、2006年に18歳でプロ転向したのですが、私立大学の建国大学校に進学し、試合に出場しながら卒業しています。

2007年に韓国女子ツアーで新人王を獲得し、2008年のフェニックスパーク・クラシック大会でツアー初優勝を果たしますが、同年は早くも3勝をあげています。

2011年には韓国ツアーのメジャー大会「ハイト眞露チャンピオンシップ」を含む3勝をあげてKLPGAツアー賞金女王となり、翌年も連続で栄冠に輝きました。

2015年から日本女子ツアーに参戦

日本女子ツアーの試合の様子をテレビで見たキム・ハヌルさんは、日本ツアーで試合をすればもっとレベルアップできると思い、日本女子ツアーへの参加を決意したといいます。

2014年のJLPGAファイナルクォリファイングトーナメントに進出し、見事14位に入って翌年のツアー参加資格を得ます。

2015年、念願の日本女子ツアーへの参戦を果たしました。

参戦当初はコースの違いなどのためなかなか上位に行けませんでしたが、9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック」で見事初優勝を果たします。

この年は年間賞金ランク23位となり、シード権も獲得しました。

2019年のシーズンは不振で賞金ランク56位に終わり、巻き返しをはかろうとした2020年もツアー開催が遅れた上になかなか来日できないなどの苦境に見舞われました。

結局、4試合ほどに出場しましたが、2年で1シーズとなった2020-2021年シーズンでも現時点で賞金ランク72位に留まっています。

3月から試合が始まる2021年はぜひがんばってほしいですね。

まとめ

韓国出身の女子プロゴルファー・キム・ハヌさん日本ツアー優勝6回という実績もさることながら、かわいいミニスカートでフェアウェイを歩く姿が美しくてかっこいいと人気です。

また、どんな時でもニコニコしていることから「スマイルクイーン」という愛称でも知られていますが、これは両親の教えからきているとnことです。

2019年は不本意なシーズンだったので、2020-2021年はぜひがんばってほしいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポーツ
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました