スポンサードリンク

金坂蓮魂【長南町】美味しいレンコンの口コミや直売所の場所、お取り寄せ通販は?

グルメ

千葉県長南町で生産されたレンコン「金坂蓮魂(かねさかれんこん)」が甘くて美味しいと評判です。

自然栽培で作られた金坂蓮魂は糖度9.0という甘さだけでなく、見た目も食感も優れており、生でも食べられます。

金坂蓮魂は、2021年11月13日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」で紹介されました。

ここでは金坂蓮魂の口コミや直売所の場所・アクセス、お取り寄せ通販などについて紹介します。

スポンサードリンク

金坂蓮魂(かなさかれんこん)とは

金坂蓮魂は、千葉県長南のレンコン農家・金坂哲宏さんが開発したレンコンの品種です。

レンコンは漢字だと「蓮根」と書きますが、それとは違う「蓮魂」というネーミングは金坂さんのネットゲーム仲間が付けてくれたブランド名だそうですが、レンコンに対する愛と魂がこもった名前となっています。

一般的なれんこんの糖度が7.0前後なのに対し、金坂蓮魂の糖度は9.0と国内トップクラスで、苦味やえぐみが少ないのが特徴です。

生でも食べらるほどで、生で食べた場合、そのシャキシャキ感と甘みはまるで梨のようだという人が多いとのことです。

外房の山間地域にある千葉県長南町は傾斜地にある棚田が多いため生産性が悪い地域ですが、山の絞り水が入り、ミネラル豊富な重粘土という環境によって美味しいレンコンが育つ地域でもあります。

この地域でレンコン農家として就農していくためには、業界では非常に困難とされてきた農薬を使わない栽培を行う必要があると考え、紆余曲折もあったと思いますが、最終的に「自然栽培」に行きついたといいます。

自然栽培とは、肥料や農薬には頼らず、植物や土が本来持つ力を引き出し、それによって栽培する方法です。

美味しいレンコンを生産している農家は土中の微生物に着目していることから、この微生物を生かした栽培をすることによって、より美味しいレンコンを作ることができると考え、そこから生まれたレンコンが「金坂蓮魂」です。

金坂蓮魂のレンコン農家

金坂蓮魂を開発したレンコン農家・金坂哲宏さんの父親は有名なレンコンの育種家で、「金澄(かなすみ)」と言う品種を育成したことで知られており、現在の全国のレンコンの生産量の約4割は「金澄」とのことです。

金坂さんは27歳の時に父親が亡くなるまではレンコンとは無縁の生活を送っていましたが、父の残したレンコンを守ろうと決意し、他のレンコン農家で40日間研修した後、地元に戻って就農したそうです。

その後も様々なレンコン農家を精力的に回って技術を吸収することによって、短期間で自分なりの栽培技術を確立したといいます。

スポンサードリンク

金坂蓮魂の口コミ

金坂蓮魂にはSNSで多数の口コミが寄せられています。

スーパーで買ったレンコンと金坂蓮魂を写真で比べていますが、全く見た目が違うことがわかります。
生のままでも食べられるとは相当なものです。

 

糖度9.0という数字からは甘いことはわかりますが、もちろんそれだけではない美味しさもあります。

 

食べチョクで通販購入する人も多いようです。
地元に直売所もありますが、お取り寄せできるのはありがたいですね。

 

今まで味わったことのない美味しさと聞くと一度食べてみたくなります。
スポンサードリンク

金坂蓮魂の直売所の場所・アクセス

金坂蓮魂は「草刈 房の駅」に直売所があります。

草刈 房の駅

千葉県市原市にあり、千葉県の特産品である「落花生」をはじめとして、地元の様々な名産品などが販売されています。

千葉県市原市草刈194-14

アクセス: 【徒歩】京成電鉄千原線 ちはら台駅出口から徒歩約18分(1130m)
【車】茂原街道沿い

営業時間: 8:30~20:00

定休日: 無休

金坂蓮魂のお取り寄せ通販

金坂蓮魂は食べチョクなどからお取り寄せ通販で購入できます。

金坂蓮魂のお取り寄せ通販はこちら

スポンサードリンク

まとめ

千葉県長南町のレンコン「金坂蓮魂(かねさかれんこん)」は、自然栽培で作られており、糖度9.0という甘さだけでなく、見た目も食感も優れており、生でも食べられます。

開発者のレンコン農家・金坂哲宏さんは父親が亡くなるまではレンコンとは無縁の生活を送っていましたが、父の残したレンコンを守ろうと決意し、他のレンコン農家で40日間研修した後、地元に戻って就農し、様々なレンコン農家の技術を吸収することによって、短期間で自分なりの栽培技術を確立したといいます。

金坂蓮魂は食べチョクなどからお取り寄せ通販で購入できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
グルメ
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました