スポンサードリンク

matamata(マタマタ)【東京・湯島】口コミや場所、工芸作品の通販は?

グッズ

東京・湯島にあるハンドクラフトセレクトショップ「matamata(マタマタ)」が評判になっています。

独創的なクリエイターのハンドクラフト作品を多数展示しており、他にはない面白いものがたくさんあることで人気がありますが、2022年2月26日放送の日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」で店の他、作品のきのこランプなどが紹介されました。

ここではmatamata(マタマタ)の口コミや場所、作品の通販などについて紹介します。

スポンサードリンク

matamata(マタマタ)とは

matamata(マタマタ)は、2021年8月12日、東京・湯島にオープンした様々なジャンルの独創的なクリエイターのハンドクラフト作品を展示販売するセレクトショップです。

matamata(マタマタ)では、ジャンル、テイスト、素材にかかわらず、面白いもの、ちょっと変わったもの、他にないものという視点でセレクトした作品を紹介しています。

店はテレビでも紹介された人気カフェ「みじんこ」があるビルの地下にありますが、店への階段を降りていく間に誰しもワクワク感の高まりを感じると思います。

店内には外の世界とは一線を画したワクワクするような独特の世界が広がっていて、どっぷりとその世界に浸ることができます。

店名のmatamata(マタマタ)はアマゾン川原産の亀で、世界一変わった亀と言われており、面白いもの、ちょっと変わったもの、他にないものというmatamata(マタマタ)のコンセプトを表しているようです。

スポンサードリンク

matamata(マタマタ)の口コミ

matamata(マタマタ)で展示販売している作品にはSNSで多数の口コミが寄せられています。

店長のZoock(境 哲史)さんも造形作家で、作品が展示されています。
作品を「買って帰る」のではなく「お迎えする」という言葉からは作品に対する愛が感じられます。

 

猫関係の作品も人気ですが、店長の昆虫アクセサリーも人気があります。
スポンサードリンク

ネコシリーズは表情がなんともいえずかわいくて人気で、思わず「連れて帰る」のも納得です。
他にも「ねこまつり at 湯島」にちなんだ猫の作品がたくさんあります。

 

写真から店内の様子がよくわかります。
1階にあるカフェ「みじんこ」はテレビでも取り上げられた人気店です。
スポンサードリンク

matamata(マタマタ)の場所・アクセス・営業時間

場所: 東京都文京区湯島2-9-10 湯島三組ビルB1F

アクセス: JR 御茶ノ水駅から徒歩8分
東京メトロ千代田線 湯島駅から徒歩6分
カフェみじんこの地下にあります。

営業日・英魚時間: [木・金] 12:00~18:00
[土・日・祝] 10:00~18:00

定休日: 月~水曜日

matamata(マタマタ)に出品している作家の作品の通販

matamata(マタマタ)に出品している作家の作品は通販で購入できますが、その一部を紹介します。

「ぶらり途中下車の旅」で紹介されたきのこランプは金属工芸作家・イノリナ(INORIs)さんの作品です。

作品はオンラインショップから通販購入できますが、matamata(マタマタ)に展示してあったきのこランプと同じものはないようです。

INORIsの販売中作品一覧 | ハンドメイド通販・販売のCreema
INORIsの販売中作品一覧です。ハンドメイド、クラフト、手作り手芸品の通販・販売・購入ならCreema。1点物アクセサリー、ジュエリー、雑貨、バッグ、家具等のかわいい・おしゃれ・ユニークなおすすめのアイテムをどうぞ。

店長(Zoockさん)の作品もオンラインショップから通販購入できます。

ZOOCK ONLINESTORE
【ZOOCKとは】 ZOOCKのブランド名の由来は作家が生き物と音楽好きからきています。沢山の生き物が集まっている動物園のZOOと好きな音楽ジャンルのROCKからとった造語です。多種多様な生き物をロックに表現していきたいという意味が込められています。 ちなみに、読み方はズークではなくゾックです。 【CONCEPT】 ...
スポンサードリンク

ぶらり途中下車の旅の同じ回(2022年2月26日)で紹介された店

スポンサードリンク
スポンサードリンク
グッズアート
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました