スポンサードリンク

日本キジ肉【鹿児島・鹿屋市】ヘルシーで美味しい!口コミ、お取り寄せ通販は?

グルメ

国内で養殖された日本キジの肉が、肉質も柔らかい上に旨味もあって美味しいと評判です。

日本キジは養殖業者が少ないため、キジ肉というと、外来種である高麗キジなどのものが多いのですが、最近ではメディアで紹介される機会も増えて話題になっているので、今後目にする機会は多くなると思います。

2021年7月24日放送の「満天☆青空レストラン」で、鹿児島県鹿屋市の「日本キジ養殖センター小倉」の日本キジ肉が紹介されます。

ここでは、日本キジ肉の特徴や口コミ、お取り寄せ通販などについて紹介します。

スポンサードリンク

日本キジ肉の特徴

日本キジの肉は、日本では古くから食べられてきて「山のフグ」とも呼ばれた山の幸で、高タンパクで低カロリーというヘルシーな食材です。

キジ肉は一般的な鶏肉と比べて肉質はキメ細やかで、味は濃くてうまみが強く、臭みもそれほどなくて美味しいと評判です。

これまで食材として養殖のキジ肉といえばほとんどが外来種のキジで、日本キジの肉は流通量が少ないためあまり市場に出回っていませんでした。

ここ数年、日本キジの養殖を行う養殖業者が増え、食材として日本キジ肉が注目されるようになっています。

鹿児島県鹿屋市のキジ肉

鹿児島県鹿屋市では3年前から日本キジの出荷が始まっています。

鹿屋市で日本キジの養殖を行っている業者としては「日本キジ養殖センター小倉」が、メディアでも紹介されるなどで有名です。

日本キジ肉は鹿屋市のふるさと納税の返礼品にもなっています。

日本キジを養殖している日本キジ養殖センター小倉「ISPフーズ」

「日本キジ養殖センター小倉」は、鹿児島県が自然保護のために実施していた「放鳥事業」を、先代が昭和50年頃から引き受けたのがきっかけで、日本キジを育てるようになったといいます。

日本キジはストレスを感じやすくて気性が激しい鳥なので、その飼育はとても難しいとのことです。

その後、試行錯誤を繰り返してキジに適した餌なども独自に開発した他、豊富なたんぱくを摂らせるために鹿屋産のさつまいも(紅はるか)を与えるなど、様々な工夫を重ねてきたとのことです。

そんな話を聞くと、いったいどんな美味しさなのか食べてみたくなりますね。

スポンサードリンク

日本キジ肉の口コミ

日本キジ肉にはSNSで多数の口コミが寄せられています。

養殖キジの口コミはまだそれほどはなく、狩猟したキジの口コミが多いようです。

最近はメディアでも日本キジ肉が紹介されるようになったので、これからファンも増えていくと思います。

「日本キジ養殖センター」で養殖された鹿屋産のキジの肉です。
きじ鍋はとても美味しそうです。

 

高知産のキジ肉も特産品として有名で、ふるさとの納税の返礼品になっています。
美味しそうですね。

 

福島県いわき市にある「日本きじ牧場」でも日本きじの養殖を行っています。

 

フランス料理でもキジが食材として使われています。
ロティは、鉄板や底の浅いフライパンに肉を入れてオーブンで焼き上げた料理です。

 

こちらはテリ-ヌですが、美味しそうですね。
スポンサードリンク

日本キジ肉のお取り寄せ通販

鹿屋市の日本キジ肉は、「日本キジ養殖センター小倉」の公式サイトからお取り寄せ通販で購入できます。

オスとメスが別々に販売されており、メスの方が3割以上高価です。

その理由ですが、メスはオスに比べると肉量は少ないですが、オスより肉質が柔らかくて臭みもないからとのことです。

キジ肉を楽天のお取り寄せ通販で購入

「日本キジ養殖センター小倉」以外にもキジ肉は販売されていて、楽天などからお取り寄せ通販で購入できます。

日本キジではない商品もあるので(高麗キジなど)、日本キジがほしい場合、詳しくは販売店に問い合わせをお願いします。

【楽天市場】きじ肉の通販
楽天市場-「きじ肉」43件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。

まとめ

日本キジ肉は、日本では古くから食べられてきた山の幸で、高タンパクで低カロリーのヘルシーな食材で、最近はメディアで取り上げられる機会が増えています。

鹿児島県鹿屋市では「日本キジ養殖センター小倉」などの養殖業者によって3年前から日本キジの出荷が始まっています。

鹿屋市の日本キジ肉は、「日本キジ養殖センター小倉」の公式サイトからお取り寄せ通販で購入できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
グルメ
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました