スポンサードリンク

YOCICOTAN Cafe【水戸市のアップルパイ店】口コミとアクセス

グルメ

茨城県水戸市の水戸駅前にあるアップルパイ専門店「YOCICOTAN Cafe(よしこたんカフェ)」のアップルパイが美味しいと話題ですが、テレビ朝日の「人生の楽園」で紹介されます。

ここでは「YOCICOTAN Cafe」開店のきかっけや口コミ、アクセスについて紹介します。

YOCICOTAN Cafe(よしこたんカフェ) 開店のきっかけ

オーナーの田中芳子さん(72歳)は、2011年の東日本大震災後、同じ茨城県内の大子町でりんご農家を営む友人が原発の風評被害に苦しんでいるのを見て、何か力になりたいと思ったといいます。

そして、自宅でアップルパイ作りを始めたのが「YOCICOTAN Cafe」開店への道の始まりとのことです。

スポンサードリンク

YOCICOTAN Cafe(よしこたんカフェ) 開店から移転まで

試行錯誤を繰り返して完成したアップルパイは2012年からイベントでの出店で販売を始めました。

そして、茨城県結城市にあった自宅のガレージに3坪ほどの小さなアップルパイ工房を自分で設置し、自宅の庭にテイクアウトのアップルパイ専門店「YOCICOTAN(ヨシコタン)」をオープンし、ここを拠点としてアップルパイの製造と販売を行っていきました。

すると、宣伝活動はほとんどしていなかったにもかかわらず、口コミで次第に周辺で評判となり、店に通ってくれるお客さんも現れるようになり、この様子を見たオーナーの娘さんも本格的に店を手伝うようになりました。

その後、知人から、水戸市内に店を出してみないかとの誘いがあり、自宅のあった結城市から70km離れた水戸市に家族で引っ越しし、2015年に水戸市内に路面店をオープします。

そして、さらに多くの人が訪れる店にしようと思い、その3年後に2018年5月に水戸駅近くに移転して、イートインができるお店「YOCICOTAN Cafe(ヨシコタンカフェ)」を開店しました。

3階建てのビルを1棟借りしているのですが、2階は「YOCICOTAN Hall Room」があり、ライブやセミナーに使用しています。

「YOCICOTAN Cafe」のアップルパイ

「YOCICOTAN Cafe」のアップルパイは6種類あります。

生で食べても美味しいジューシーな地場産りんごを使い、リンゴを煮る際には、一般的なアップルパイのような砂糖ではなくオーガニック・メープルシロップを使っています。

特殊製法のため、りんごの皮をむく作業から、アップルパイをオーブンに入れて焼き上げるまでの仕込みに通常10日、早くても1週間かかるとのことです。

シナモンの有無を選べる「ピュアプレーン」はリンゴ本来のおいしさを感じられると好評です。

他にも、季節限定のクルミが入ったものやクリームチーズが入ったアップルパイなどがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOCICOTAN Cafe(@yocicotan.cafe)がシェアした投稿

スポンサードリンク

YOCICOTAN Cafe の口コミ

YOCICOTAN Cafe にはSNSで様々な口コミが寄せられています。

美味しいのはもちろんのこと、「甘すぎない」という点が好評のようですね。

水戸のご当地アイドルもここのアップルパイをご気に入りのようです。

YOCICOTAN Cafe の外観、内観

YOCICOTAN Cafeの外観です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOCICOTAN Cafe(@yocicotan.cafe)がシェアした投稿

売り場部分の内観です。

右奥の方にイートイン用テーブルが並んでいるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOCICOTAN Cafe(@yocicotan.cafe)がシェアした投稿

階段を上がって2階にある「YOCICOTAN Hall Room」の内観です。

ライブやセミナーなどに使われているとのことです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOCICOTAN Cafe(@yocicotan.cafe)がシェアした投稿

スポンサードリンク

YOCICOTAN Cafe は通販で購入できる?

YOCICOTAN Cafe のアップパイは公式サイトより通販で購入できます。

YOCICOTAN Cafe のアクセス・営業時間

茨城県水戸市南町3丁目3-37

営業時間

13時~20時(月曜定休日)

タイトルとURLをコピーしました