スポンサードリンク

niwasaki cafe いわさ喜【古民家庭先カフェ】口コミとアクセス

グルメ

埼玉県さいたま市にある古民家カフェ「niwasaki cafe いわさ喜」が落ち着いたインテリアでとてもくつろげると人気です。

駅から歩いて7分ほどの住宅地にあるのですが、電車に乗って遠いところから訪れる人もいるようで、テレビ朝日の「人生の楽園」でも2021年4月10日の放送で紹介されます。

ここでは、「niwasaki cafe いわさ喜」の口コミやアクセスなどについて紹介します。

スポンサードリンク

「niwasaki cafe いわさ喜」とは

「niwasaki cafe いわさ喜」は母親であるオーナーとその娘さんの二人で運営しているカフェです。

オーナーの義理の母親が暮らしていた実家は築90年になる古民家でしたが、その実家の隣に家を建ててオーナーの家族で暮らしていたといいます。

そして、2012年に97歳で義理の母親が亡くなった後、実家をリフォームし、娘さんといっしょに「niwasaki cafe いわさ喜」を2016年にオープンしました。

義理の母親の思い出が詰まった実家なので、「みんなに喜んでもらえるお店にしたい」という思いを込め、義母の名前から「喜」の一字を貰って店名に入れたといいます。

「niwasaki cafe いわさ喜」の外観・内観

エントランスとなる庭からの外観ですが、普通の民家にしか見えません。
古民家カフェといえども、ある種独特の世界観を感じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cafeiwasaki(@cafeiwasaki)がシェアした投稿

スポンサードリンク

1階の内観です。
きれいに手入れされた中庭を眺めながら、のんびりとくつろぐことができます。
庭に面したカウンター席?では柔らかな日差しの中、のんびりとした気分で読書ができそうですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cafeiwasaki(@cafeiwasaki)がシェアした投稿

1階の内観です。
間仕切りもなく、昔の家らしくて天井も高いので、とても開放的な雰囲気になっています。
むきだしの柱や梁も古民家らしくていい感じですね。
この家でずっと使われていたゼンマイ式の振り子時計や化粧箪笥なども展示されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cafeiwasaki(@cafeiwasaki)がシェアした投稿

2階の内観です。
座敷席でゆったりとくつろげます。
一つ一つデザインの違う骨董品のようなテーブルで思い思いの時間を過ごせんるんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cafeiwasaki(@cafeiwasaki)がシェアした投稿

スポンサードリンク

「niwasaki cafe いわさ喜」の口コミ

niwasaki cafe いわさ喜」にはSNSで多くの口コミが寄せられています。
古民家風の雰囲気がいいというのはもちろんですが、スイーツが美味しいという口コミも多いです。

のんびりとできるだけでなく、文庫本も多数置いてあるので、一人でも長居してしまいそうです。

スポンサードリンク

「niwasaki cafe いわさ喜」のアクセス

住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町3丁目17-10

JR岩槻駅より徒歩約7分(460m)

営業時間

11:30~18:00(L.O17:00)

定休日

日曜日、月曜日

まとめ

「niwasaki cafe いわさ喜」は埼玉県さいたま市の住宅地にある古民家カフェです。

義母が住んでいた古い家をリフォームしたというインテリアはゆったりとした気分でくつろげると人気があり、遠くから訪れる人もいるようです。

テレビ朝日の「人生の楽園」の2021年4月10日の放送で紹介されます。

タイトルとURLをコピーしました