スポンサードリンク

大本樹【クラゲ博士ちゃん】癒される珍しいクラゲの貴重映像を紹介!

動物

「クラゲ博士ちゃん」として大本樹くんが2021年6月26日放送の「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」に出演します。

ここでは、クラゲ博士ちゃん・大本樹くんがどんな子なのか、2021年6月26日のクラゲについての授業の内容について紹介します。

スポンサードリンク

クラゲ博士ちゃん・大本樹(おおもと いつき)はどんな子?

大本樹くんは静岡県在住、10歳の小学生です。

クラゲは6億年前からいて、独自の進化を遂げていて、謎の多いところが好きなのだそうです。

サンドから一番好きなクラゲは?と聞かれてのですが、どれか一つを選んでしまうと他のクラゲがかわいそうなので選べないとのことでした。

また、クラゲはカメやマンボウが天敵で食べられてしまうとのことですが、博士ちゃんはそのことをあまり考えないようにしているとのことです。

すごいクラゲ愛ですね。

将来はいろいろな海に行って、クラゲの写真集や図鑑を作りたいとのことです。

クラゲ博士ちゃん 2021年6月26日の授業内容

クラゲが水中で優雅に舞う様子に癒される人も多く、youtube で1000万回再生される動画も現れるなど、クラゲ人気が急上昇中です。

この動きですが、クラゲには脳がなく、体中に「散在神経」と呼ばれる神経が張り巡らされており、その神経が刺激されることによって反射的に動いているといいます。

授業では、一生見ていられるようなクラゲの貴重映像が紹介され、クラゲ博士ちゃんが解説します。

6億年前から生息しており、まだまだ謎の多いクラゲの驚きの進化などを紹介してくれます。

クラゲ博士ちゃんが紹介するのは以下のような特徴を持つクラゲです。

  • 体を巨大化させる死のビニール袋と呼ばれるクラゲ
  • 水深1200mに生息する打ち上げ花火のようなクラゲ
  • 驚きの技で敵から逃げるクラゲ

体を巨大化させる死のビニール袋と呼ばれるクラゲ

ディープスタリア・エニグマティカ

ディープスタリア・エニグマティカは、メキシコ湾、インド洋、南極海の深さ900メートルの深海に生息しています。

深海生物ということもあり、発見されたのはそれほど昔のことではなく1966年とのことです。

変形の様子を撮影したこの映像は、探査船ノーチラスのメンバーによって撮影されたものです。

傘の直径は60cm前後まで成長しますが、体の一部を一時的に開放し、大きなビニール袋のように巨大化させて獲物を内部に取り込んだ後、袋の口を閉じることによって捕食します。

最初は小さくて整った形の体が、まるで秩序を失ったように巨大化していく様子は、エヴァに出てくる人知を超えた生命体を見るようで、神秘的で圧巻ですね。

博士ちゃんは一度食べられて、中がどうなっているか見てみたいとのことでした。

水深1200mに生息する打ち上げ花火のようなクラゲ

ハリトレフェスマーシ(Halitrephes maasi)

ハリトレフェス マーシは、ネット上で花火クラゲとして知られており、ハリトレフェス科の深海ヒドロ虫類の一種です。

まるで花火のように美しくて幻想的なクラゲで、メキシコのバハ カリフォルニア半島沖のレビジャヒヘド群島の水深1225mあたりを漂っていたところを撮影されています。

半透明で100本以上の触手があり、真ん中の丸い部分が胃で、そこから放射状に広がった水管で栄養などを全身に運ぶので、この水管は我々の血管にあたります。

本体は人の目のようにも見えて一瞬ドキリとさせられますが、花火のような姿で海中を優雅に美しく舞います。

博士ちゃんによると、まるで花火のような鮮やかな赤紫色をしているのは、敵から身を守るためとのことです。

水中では赤色はもっとも届く距離が短く、水深10mを超えると見えなるので深海では見えません。

光の届かない深海では赤色は黒に見えるため保護色になるとのことです。

一見透明の方が見えにくいように思いますが、透明だと食べたプランクトンが体の中で光って敵に見えてしまうそうです。

スポンサードリンク

驚きの技で敵から逃げるクラゲ

クロカムリクラゲ

大きさ20cmで水深600m附近に生息しています。

見た目がサンタクロースの帽子に似ていることから「サンタズハットジェリー」と名づけられました。

特徴は触手を傘より上に向けて泳ぐことです。

敵に襲われると、自ら発光して目くらましをして逃げます。

ペットにおすすめ!カラージェリー&タコクラゲ

博士ちゃんから愛菜ちゃんとサンドの二人にそれぞれおすすめのクラゲが紹介されました。

カラージェリー

全長20cmで、普通のクラゲに比べて動きが速いとのことです。

元々は白色ですが、成長すると色が変わり、カラフルになるので愛菜ちゃんにピタリとのことです。

タコクラゲ

全長20cmで、水玉模様が特徴で、ハート型のものもいます。

必要な栄養の大部分は体内にある褐虫藻の光合成で摂っているために餌がほとんどいらないクラゲで、忙しいサンドの二人にも育てられるとのことです。

水温も冷たくしなくて常温でOKなので手間がかからないとのことです。

スポンサードリンク

同じ回に出演した博士ちゃん

2021年6月26日放送に出演した博士ちゃんを紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
動物
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました