スポンサードリンク

ジャンボにんにく【大網白里・吉野ヶ里】口コミ、お取り寄せ通販は?【相葉マナブ】

グルメ

「ジャンボにんにく」は普通のにんにくの4~5倍の大きさがあり、美味しいと話題です。

2021年7月11放送のテレビ朝日「相場マナブ」で、千葉県大網白里市のジャンボにんにくとそれを使った料理が紹介されます。

2021年6月26日放送の日本テレビ「満天☆青空レストラン」でも佐賀県吉野ヶ里町のジャンボにんにく「吉野ガーリック」とそれを使った料理が紹介されました。

ここでは、ジャンボにんにくのこと、口コミや食べ方、お取り寄せ通販などについて紹介します。

スポンサードリンク

ジャンボにんにくとは

ジャンボにんにくは、普通のにんにくと同じようにネギ科ネギ属の植物ですが、にんにくとは別の種で、リーキやポワロー、ポロネギなどの西洋ネギと同じ種になります。

見た目がにんにくを大きくしたような形なのでジャンボにんにくと呼ばれてり、ジャンボリーキという名前で販売されていることもあります。

ジャンボにんにくの収穫は6月下旬頃から始まりますが、旬は夏頃となり、7~8月に多く出回るようになります。

1個500g前後で、普通のにんにくの約4~5倍にもなり、大きいものは800gを超えるというので、確かに大きいですね。

ジャンボにんにくの1片の方がにんにく1個よりも重い場合も少なくないようです。

栄養価はほぼ同じですが、ジャンボにんにくはにんにく特有の匂いが普通のにんにくの1/10以下しかないため、無臭にんにくとも呼ばれています。

これは、ニンニクのニオイ成分「アリシン」が通常の半分程度と少ないためで、翌日にはほとんど臭わなくなると言われているので、これはありがたいですね。

大網白里のジャンボにんにく

普通のにんにくの産地としては青森県が日本一で、国内産にんにく生産量の約70%を占めています。

一方、ジャンボにんにくは暖かい気候のほうが栽培に適しているとされており、鹿児島県や香川県などの温暖な地域が主な産地となっています。

千葉県も温暖なのでジャンボにんにくの栽培に適しており、九十九里地方メインに栽培されています。

佐賀県吉野ヶ里町の「吉野ガーリック」

吉野ヶ里町は、2006年3月、旧三田川町と旧東脊振村が合併して誕生した町で、吉野ヶ里遺跡が有名です。

遺跡だけでなく農産物でも吉野ヶ里町の特産物を作りたいという思いからジャンボにんにく「吉野ガーリック」が誕生したといいます。

科学肥料、農薬を極力使わない栽培法が検討され、2008年7月下旬に出荷が始まりました。

スポンサードリンク

ジャンボにんにくの食べ方

普通のにんにくは薬味として使用するのことが多いのですが、ジャンボにんにくは刺激も少ないので具やメインの食材として利用するのが一般的です。

ジャンボにんにくは、糖質やビタミンが多く含まれており、大根、白菜、カリフラワー、ブロッコリーなどの野菜と組み合わせることで抗酸化力がアップする健康的な食材です。

ホイル焼きの他、蒸したり炒めたりなどしても美味しいですし、電子レンジで加熱するとタマネギの皮の中に詰まったホクホクのジャガイモを食べてるようで美味しいです。

また、スープの具やサラダにしても美味しいですし、皮ごと蒸して食べても美味しいです。

生のままスライスして、刺身で食べられるものもあります。

相葉マナブで紹介されるジャンボにんにく料理

相葉マナブではジャンボにんにくを使った以下の料理が紹介されます。

  • にんにくの丸ごと揚げ
  • にんにくの万能オイル
  • 万能にんにくしょう油
  • にんにくのしゃぶしゃぶ
  • にんにくのミルフィーユカツ
スポンサードリンク

ジャンボにんにくの口コミ

ジャンボにんにくにはSNSで多数の口コミやレシピが寄せられています。

カレーにじゃがいもの替わりにジャンボにんにくを入れるのというのも美味しそうですね。スタミナがつきそうです。

シャブシャブのタレにジャンボにんにくを使っていますが、これは美味しいでしょうね。

ペペロンチーノに使うとジャンボにんにくは刺激が少ないのでやさしい味になるようですね。

肉とジャンボにんにくを切って炒めるだけなので簡単ですね。にんにくの匂いも少ないようです。

ジャンボにんにく定番のホイル焼きも美味しそうです。

こちらはジャンボにんにくの佃煮とバター焼きです。

スポンサードリンク

ジャンボにんにくのお取り寄せ通販

「ポケットマルシェ」や「食べチョク」などの通販サイトでジャンボにんにくをお取り寄せ通販で購入できます。

ポケットマルシェ

>>ポケットマルシェのジャンボにんにくはこちら<<

食べチョク

>>食べチョクのジャンボにんにくはこちら<<

まとめ

ジャンボにんにくは普通のにんにくの4~5倍の大きさですが、にんにく独特の匂いも少なくて美味しいと話題です。

普通のにんにくは薬味として使用することが多いのですが、ジャンボにんにくは刺激も少ないので具やメインの食材として利用するのが一般的です。

ジャンボにんにくは「ポケットマルシェ」や「食べチョク」などの通販サイトでジャンボにんにくをお取り寄せ通販で購入できます。

タイトルとURLをコピーしました