スポンサードリンク

三ツ谷白菜【三島・箱根西麓】特徴と価格!取り寄せ通販で購入可?

グルメ

三ツ谷白菜は静岡県三島市のブランド白菜ですが、これが美味しいと話題です。

白菜は旨味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれており、鍋には欠かせない食材ですが、その中でも一際美味しいといわれているのが三ツ谷白菜です。

三ツ谷白菜は、ここのところテレビでも取り上げられており、日テレの「満天☆青空レストラン」でも紹介されました。

ここでは三ツ谷白菜の特徴や価格の他、通販で購入可能かなどについて紹介します。

三ツ谷白菜とは

三ツ谷白菜とは、箱根西麓の三島野菜の一つで三島市三ツ谷地区で昔から作られていた白菜です。

三ツ谷地区は箱根の山々と三島市街地のちょうど中間で標高200mに位置しています。

箱根山の厳しい寒さが白菜に甘さを与えているといわれており、標高200mより高いと寒さで白菜は育たないのですが、逆に低いと甘みが少なくなってしまいます。

つまり、三島地区は白菜の産地としては理想的な条件の地域なんですね。

スポンサードリンク

三ツ谷白菜の特徴

三ツ谷白菜12月から2月に旬を迎えるのですが、内側が凍るのを防ぐために白菜一つ一つをまわりの葉で包んでひもでしばる作業を白菜農家は正月も休まずに行います。

この地道な作業によってさらに甘くて美味しい白菜になります。

三ツ谷白菜はこのように手間をかけて育てるため、身がぎっしりと詰まって味が濃く、柔らかいのが特徴です。

霜が降りると苦味が取れて、さらに旨味とフルーツのようなみずみずしい甘さが増し、別名「霜降り白菜」ともいいます。

収穫時には、1玉が4kgほどにまでに成長します。

三ツ谷白菜のレシピ

日テレの「満天☆青空レストラン」では三ツ谷白菜のレシピとして、白菜のステーキ、白菜のチジミ、麻婆白菜、ウインナーロール白菜などが紹介されました。

三ツ谷白菜の価格

三ツ谷白菜は、12月から2月にかけての旬に、直売所や静岡県東部のスーパーなどで販売されています。

三島市の情報サイト「みしまっぷ」によると、三ツ谷白菜の価格は一玉で200~300円とのことです。

スーパーで売られている普通の白菜が150円前後ですから、少しだけ高い感じですね。

スポンサードリンク

三ツ谷白菜のお取り寄せ通販は可能?

三ツ谷白菜の単品でのお取り寄せ通販は現時点ではありませんでした。

JAの産地直送お取り寄せ通販サイト「JAタウン」では、「箱根西麓三島野菜詰合せ」が販売されています。

三島にんじん、三島セロリ、箱根大根、三島甘藷(さつまいも)、三島キャベツ、白菜、ブロッコリー、里芋等から旬のおススメ野菜7~9種の詰め合わせとのことなので、白菜が旬となる12月から2月までに注文すれば白菜が入っているものと思われます。

セット内の野菜の種類と量は選べませんが、詳しくは「JAタウン」に問い合わせてみるのがいいと思います。

まとめ

三ツ谷白菜は箱根西麓の三島市三ツ谷地区で昔から作られていた白菜ですが、ここのところテレビでも取り上げられ、美味しいと話題になっています。

箱根山の厳しい寒さによって、三ツ谷白菜は身が締まっていて味が濃くて甘く、柔らかいのが特徴です。

三ツ谷白菜は単品では通販で購入できませんが、旬の時期にはJAの通販サイトから詰め合わせで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました