スポンサードリンク

カフェけやき【埼玉川島】梁が見守る古民家カフェ・教会の口コミとアクセス

スポット

埼玉県比企郡川島町にある「カフェけやき」は落ち行いた古民家空間とりっぱな梁が話題になっています。

普段はカフェですが、日曜日には教会になって礼拝が行われるという「教会+カフェ」で、テレビ朝日の「人生の楽園」でも紹介されます。

ここでは、カフェけやきの口コミやアクセスなどについて紹介します。

スポンサードリンク

日曜には教会になる「カフェけやき」とは

カフェけやきは、公職を定年退職した兄弟が運営するカフェです。

お兄さんは牧師になって地元川島町に教会を作るという夢を、弟さんはカフェをやりたいという夢を持っていたそうです。

二人はかねてから約240年の実家を残したいと思っていたそうですが、そこで相談し、実家の母屋を改築して教会としても使えるカフェを作ることにしたといいます。

カフェけやきは2013年5月にオープンし、定年退職後に通信制の神学校で学んだお兄さんは牧師となり、兄弟揃って夢を叶えました。

カフェけやきは、日曜日には教会「川島チャペル」として礼拝を行い、他の日はカフェとして運営しています。

10種類以上のコーヒーと美味しい料理が楽しめると好評ですが、コーヒーを入れるのはオーナーで、料理を担当するのはオーナー兄弟の奥さんたちです。

カフェけやきの外観と内観

古民家を改築したとのことですが、外観と内観には工夫のあとが見られます。

カフェけやきの外観

元は古民家ですが、正面は白を基調とした現代風なデザインです。
重厚な扉と軽くてハードな感じのアルミサッシを並べたデザインのバランスは悪くなく、面白いですね。
重厚なばかりだと入りづらい印象になってしまうかもしれませんが、これなら親しみやすく、ちょっと入ってみたくなるような効果が感じられます。

カフェけやきの内観

中に入ると壁は白が基調ですが、上を見上げると重厚な古民家空間が広がっています。
りっぱな欅の大梁の存在感が素晴らしく、店内では上ばかり見てしまいそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PrincesaAjo(@princesa_ajo)がシェアした投稿

スポンサードリンク

カフェけやきの口コミ

カフェけやきにはSNSで多数の口コミが寄せられています。
遠くから訪れる人もいるようです。

料理も美味しそうです。

スポンサードリンク

カフェけやきのアクセス

住所:埼玉県比企郡川島町中山2053

車利用

圏央道「川島IC」より約1分

駐車場あり

公共交通機関利用

東武バス川越駅より「東松山駅」行、または「八幡団地」行に乗車で約30分。
バス停「中山」から徒歩5分。

まとめ

埼玉県比企郡川島町にあり、築240年の古民家を改築した「カフェけやき」は、オーナー兄弟のカフェをやりたいという夢と教会を作りたいという夢を同時に叶える場所としてオープンしました。

普段は10種類以上のコーヒーと美味しい食事を楽しめるカフェですが、日曜日には教会になって礼拝が行われます。

「カフェけやき」はテレビ朝日の「人生の楽園」でも紹介されます。

スポンサードリンク
スポット
スポンサードリンク
管理人をフォローする
これが気になる
タイトルとURLをコピーしました