スポンサードリンク

【華漣】諫早市の小長井牡蠣が美味しい!お取り寄せ通販、解禁日は?

グルメ

長崎県諫早市産の小長井牡蠣「華漣」がとても美味しいと話題です。

日テレの「満天☆青空レストラン」でも紹介されます。

ここでは小長井牡蠣「華漣」はなぜ美味しいのか、解禁日、お取り寄せ通販で購入できるかなどについて紹介します。

小長井牡蠣「華漣(かれん)」とは

「華漣」とは、明海に面した長崎県・小長井産の殻つき牡蠣です。

産地の小長井町は、2005年(平成17年)3月1日に諫早市と合併して諫早市の一部になっています。

小長井産の牡蠣は「小長井牡蠣」と呼ばれています。

1個70g前後の一口サイズで牡蠣としては小ぶりですが、プリプリッとした身ののりが特徴で、濃厚で甘みのある牡蠣本来の旨味が絶品です。

華漣は、2012年から開催されている「牡蠣日本一決定戦」で初代の王者に輝いており、全国的に認められた美味しい牡蠣です。

スポンサードリンク

小長井牡蠣「華漣」はなぜ美味しい?

華漣が美味しいのには、恵まれた諫早湾という産地だけでなく、生産方法にも理由があります。

華漣の産地・諫早湾は栄養分が豊富

国立公園雲仙普賢岳を望み、日本三百名山に選ばれた多良岳近くにあるのが諫早湾です。

諫早湾は有明海の奥に位置しているために波が穏やかで、潮の干満の差が大きく、栄養分が豊富な海です。

貝のエサとなる植物性プランクトンが豊富なだけでなく、多良岳から栄養豊富な水も流れ込んでくるので、旨味成分が多くて美味しい牡蠣が育ちます。

華漣の生産方法

夏に種苗をカゴに入れ、筏につるして養殖を開始しますが、余裕のあるカゴの中で転がりながら育つため殻が丸く深みを帯びた色合いになっていきます。

そうしている時にも、フジツボ等の付着生物によってカゴが目詰まりしないように、定期的にカゴを移し替えていきます。

収穫してすぐに手作業で一粒づつフジツボ等の付着生物を取り除いて磨き、さらに身入りを良くするためにカゴの中で2週間寝かせます。

そして、紫外線殺菌海水で24時間かけてゆっくりとい滅菌処理をするんですね。

このように時間と手間をかけているので、小長井牡蠣は濃縮された美味しさとなり、安心して生のまま食べられます。

加熱しても身が縮みにくいので、どんな調理方法でも牡蠣本来の味が楽しめます。

スポンサードリンク

「華漣」の解禁時期・解禁日は?

2020年の「華漣」の解禁日は12月5日でした。

解禁日は朝から多くの客で賑わったとのことです。

小長井牡蠣「華漣」はお取り寄せ通販で購入できる?

小長井牡蠣「華漣」は楽天市場の通販で購入できます。

生食用の中サイズ10個のセットです。

まとめ

長崎県諫早市産の小長井牡蠣「華漣」がとても美味しいと話題で、日テレの「満天☆青空レストラン」でも紹介されます。

華漣が美味しいのには、栄養分が豊富な海である諫早湾という産地だけでなく、出荷までに時間と手間をかけている生産方法にも理由があります。

華漣は通販でも購入できます。

タイトルとURLをコピーしました